女性雑誌アンサー『ステキな彼をつくる方法』に対するナンパ師的回答


これはナンパや口説きにおいて必須というわけではないのだが、
自分は結構好んで女性雑誌を立ち読みしたり、ときたま購入したりしている。


はやりのファッションや最近注目のブランドが分かるし、
どんな服をどんな点に気を付けて着ているかとか、
どんな意図を持ってそのファッションをチョイスしているのかとか、


結構女性のファッションの裏側が分かるので、
ファッションつっこみトークが一段と的確になるからだ。

(例えば冬は着ぶくれしやすいので、どこかワンポイントで対策してるのでそこを見抜いて褒めるとか)


それ以外にはファッション用語とかに格段に詳しくなるし、
(プリーツとかデコルテとか)


あとは最近注目の俳優とか、ゴシップとか、
それ以外には女性はどうやって男を口説くかとか出会うかとか、、


女性雑誌に書いてあることがすべての女性の真実ではないが、
とにかく目線が逆で面白いしためになるので趣味的に読んでいる。


で、今回とある雑誌にこんな企画ページがあった。


—-

クリスマスまでにできたらいいな を叶えます!!

ステキな彼を
つくる方法

女友達と過ごすのもアリだけど、クリスマスやカウントダウンなど、
人恋しくなる冬のイベントは、やっぱりステキな彼と過ごしたいもの。
そこで今回、直前にあせってダメ男にひっかからないよう、
イイ男の見分け方はもちろん、気になる人と仲よくなれる方法から、
本命女子になるためのファッションまで、ステキな彼をつくる方法を徹底取材!
今すぐマスターして、楽しい12月を過ごして


引用 Ray12月号
https://www.magazine-data.com/women-magazine/ray.html

—-



その中に「男の見分け方」みたいな項目があったので、
その一部にそれぞれアンサーしていきたいと思う。



—-


[巷の男のコ&彼あり女のコにアンケート]


■イイ男の見分け方を知る

どんなときでもオゴる、SNSなどを頻繁にあげる自己顕示欲の強い男、そしてLINEの未読数が3桁以上の男は絶対に辞めたほうがいい!という結果に


1,なんでもオゴル

>『毎回オゴるヤツは遊び目的。本命にしたいコには最初はオゴるけど、次はあえて割り勘にして出方を見る!』
>『オゴった分の見返りを求めてきそう!』



1回で関係を終えていいと思ってしまう場合は、相手のお金の払い方や金銭感覚に対してそもそもあまり興味がわかないため、
ささっとこちらが払って面倒を回避する傾向がある。


一方で本命にする場合は付き合いが長期的になると予想されるため、相手のお金に対するスタンスや価値観を知ることは非常に大切になる。
なので注意深く観察するし、動きも若干異なってくる。


デートもするし、旅行もするので、そういう時に価値観が違いすぎて意見が断絶するような事態は事前に避けたいと思うからだ。


「男だから全オゴリするべき」と考えている人も一定数いると思うが、
価値観が多様化しているこの現代において、相手の女性の意見を無視して1つの価値観に固執する理由はないし、
もっと柔軟に相手に合わせてスタンスを変えて良いと思う。
(払いたいと思っている女性も結構いる)


自分の経験的にも、かたくなに全オゴリする人は、確かに遊び人か、
そもそも自分に自信がなくて、強迫観念的に女性におごらなくちゃと考えている気弱な男性が多いかもしれない。

※もしかしたら経営者で経費にしている人もいるかもしれないが、そこまでの深い事情は分からない


ただし、自分の知るナンパ上級者になると、
そもそも女性と飲む場所が「おしゃれなのに一杯の値段が安い店」であったり、
「女性と食事はしない」「口説くスピードが尋常でなく早い」となってくるため、
ダメージが少ないため基本的に全オゴリになっている人達もいる。


本命にする場合は全オゴリの継続はしない。
見分け方としては良い部類に入ると思う。


ゆえに、男性側は、もし本命にしたい女性がいた場合は
どこかのタイミングで全オゴリはストップしたほうが良い。


「じゃあ二軒目はお願いね」「今度ランチおごってね」などと、あまり細かい金額には触れず、
大まかに言うと良い。
(もちろん二軒目は一軒目より安い値段になるようにすることを忘れずに)



2,SNSの更新頻度が高い
>『これ、まわりの男から陰でバカにされている系!あと、だいたいかまちょだったりするから、めんどくさいと思う!』


キーとなるポイントは、その男性が「何を意図して、何を目的としてSNSの更新をしているか」を見抜くことだ。


ビジネスでやってる人もいるし、フリーランスなどでゆるい人脈のつながりを構築するためにSNSを更新している人もいる。


その中で、自分の自撮りを加工して載せたりして、かっこいい自分を見てもらいたいだったり、
かっこいいと言ってほしいがためにSNSを更新している意図が見えるような、


若干のナルシシズムが感じ取れてしまうような場合は、そういう男性は避けたほうが良いだろうし、
男性はそういう投稿をリアルの自分と紐付ける行為を、せめて口説きたい女性の前では控えるべきだ。


イメージとしては、中高生の時とかに、
鏡があると必ず立ち止まって、髪型をチェックしたりいじったりしていた男がいると思うが、
彼らに対して抱くイメージと同等のものが感じられてしまう。


なので男性側は、口説きたい女性の前ではSNSはあまりやっていない、と言ったり、
ちょっと恥ずかしいSNSは裏垢にしておいて、
口説きたい女性とつながっているリアルの知り合いにはあまり広めない方が良い。


自分はアカウントはあるが、完全に見る専門だよ、
などと女性には回答するし、
女性の前ではSNSを極力開かないようにしている。


自分の自撮りを上げてネットナンパをする方法もあるが、
垢バレのリスクやネットに晒される危険も高いため、
個人的にはあまりおすすめはできない。



3,LINEの未読が多い
>『よく100件以上のLINEを未読にしている男とかいるけど、あれ、遊び系の女子からの連絡がほとんどだから!』


確かに会社や仲間のグループLINEのせいで未読3桁になってしまう人もいるが、
遊び女子であることも多いし、遊んでいる男性はどうしても未読が多くなる。


マメにラインのメンテナンスをする男性はすぐに未読を貯めずに既読にする場合もあるが、
自分の場合のように仕事中はあまりケータイを触らないタイプの人間は、
簡単にトーク一覧が未読だらけになることが多い。


注意点としては、安易に自分のラインのスクショを女性に送らないこと。


トークをスクショすると分かるのだが、左上に未読数が表示されるのだ。
そこの数字が尋常じゃない数字であったり、
常に3桁超えであったりする場合は、ぶっちゃけ怪しい。


スクショを送る以外は、スマホをチラ見される以外に未読数を知られることはないため、
この2つさえ気をつければいいと思う。





それでは次の項目へ。




[アンケート結果からわかった]

■イイ男見分け方LIST


>1,両親・きょうだいを大切にしている


これは実際に「良い男性」であることがたしかに多いが、
「女性がドキドキする男性」「女性が濡れる男性」であるかというと必ずしもそうではない。


一般的な女性が一般的な男性と長期的に付き合おう、という場合は参考になるだろう。
おそらくその人は家庭的な男性だ。


だがナンパ師的には必ずしもそうではない。
知り合ってすぐに女性にドキドキしてもらうためには、
特にここの項目に重点的に触れる必要はない。


特に自分から話題にする必要はなく、
女性から聞かれたら、


「仲いいよ!」とさらっと答えればいいし、
「年に一回は必ず実家に帰ってるかな!」などと付け加えておけば良い。



>2,人の悪口を言わない


より注目すべきは、その男性が「本当に良い人」だから人の悪口を言わないのか、


「本当は不満タラタラなのに、言う勇気がないから言いたくても言えない」タイプなのかを見抜くことだ。


女性の前で後者のようなふるまいや言動をしてしまうと非常に印象が悪い。


基本的に人の悪口はネガティブトピックのひとつなので、
自分はほとんど女性とのトークとして自ら組み入れることはしない。


ただ、女性からの『こんなダメな男がいた』という話題は非常に盛り上がるし、
女性がそのような話題をする意図は、男性をけなしたいのではなく、
間接的に自分に注目してもらいたいとか、自分がちょっとモテるということを
さりげなくアピールしたいという場合が多いので、


そういう場合はうんうん聞いてあげて、
オウム返しを使ってしっかりと共感して上げるのが良い。


「俺はさ、こういう男はマジで嫌いなんだよね!」
「こういう男、まじでダセーと思うわ!!」


などと、女性がトピックとして挙げてもいないのに、
自ら女性の前で鼻息荒く自論を展開するなどのことは絶対にやめよう。


自分語りや自論語りは、それこそ裏垢を作ってネット上で発言したほうがより健康的だ。
せめて女性の前では控えよう。



>3,同じ歩幅で歩いてくれる


さりげなく女性の歩幅を気にしている素振りを見せることは、
ナンパ師的にもGOODだと思う。


ただ、わざとらしさが全開になってしまうと逆効果になる。
ここは場数を踏んで良い塩梅を体で覚える努力をしよう。


スタンスとしては、
女性の歩幅なんて気にしていない、という素振りをしているようで、
じつはさりげなく気にしている、
という態度が女性に伝わるのが理想だ。



>4,約束をきちんと覚えている

まず基本スタンスとして、女性と約束は極力するべきではない。


約束を守る確実な方法は、約束をしないことだ。


このスタンスで基本的に女性と接した上で、
その上で女性が覚えているか覚えていないかぐらいのさりげない小さい約束を
しっかりと記憶しておいて、


また会った時にさりげなく約束を果たす、というやり方が一番相手に良い印象を与えることができる。

(このスイーツ美味しいって最近評判なんだよね!新宿住んでるなら今度買ってよー!、なんて彼女が言ってたことを覚えておいて、後日サプライズでプレゼントする等)


ご法度なのは「俺は約束を守る男だぜ」と自分で言ったり、
「絶対!約束する!」などと安易に言わないことだ。


そういう男性ほど信用ならないのは世の常である。



5,バイト・仕事が長く続く

実際はそれが良い男性だとは限らず、
嫌なことがあってもそれを変える勇気がない人だったり、
向上心がない男性であるパターンもある。


ただ女性は長期的視野では安定を求めるため、
多くの女性に良い印象を与えるトークにはなりうる。


だが、仕事が長く続いている、という点を強調するのではなく、
仕事はきっちりこなしているというイメージを与えれば良い。


能力がなかったり、忍耐力がないことを伝えなければ良い。


どんなにオールしてもきっちりした身のこなしで出社するとか、
仕事と遊びはきちんと区別してるとか、
オンオフははっきりさせているとか、


優秀な男性だと印象づけることができれば、
たとえ1年で転職していたとしても、
『なにか理由があったのだろうな』と女性が良い方に考えてくれる。



仕事が長く続くこと「だけ」をアピールするのは悪手になりうるため、
上記したような言動・ふるまいを心がけると良い。







■終わりに


女性が求める理想の男性像と、男性が求める理想の女性像は、
残念ながら完全に一致しない。


なぜなら女性と男性では生存戦略が全く異なるからだ。
両者はほぼ別の生き物で、それぞれに依存しながらも、それぞれとは別の目的を持った生物だからだ。


男女ともに共存しながらバランスを保ってはいるが、
それは完璧なものではなく、ある一部ではどちらかが圧倒的に優位となっており、
別のある一部では片方が圧倒的に不利になっていたりする。


ポイントはだからと言って異性を批判するのではなく、
そもそもの力学を学ぶことだ。
どういう力学で両者が動いているのかを知ることだ。


男性の求めているもの、女性の求めているもの、
それぞれを知ることだ。
そしてそれらを知った上で、自分がどんな立ち位置にいたいかを考えることだ。



上記のような女性雑誌のコラムを読んで瞬間的に憤慨する男性がたまにいるが、
それは男性側の力学だけを学んできた証拠だ。


女性側の力学は、男性側のそれとは全く違うのだ。
それは数ある女性雑誌や、少女漫画、ドラマなどを見れば分かる。
見ている視点もぜんぜん違うし、求めているものもぜんぜん違うし、
安心の仕方や興奮の仕方まで全然男と違うのだ。


それらを理解した上で、受け入れるように接すること。
受け入れるように口説くことが、
女性関係でうまくいくコツとなる。



女性側の価値観を理解しようと試みると、
あらゆることに寛容になれる。
結局男女はいがみ合う運命のように見えるが、
実際はそうではないと思えるようになる。



もちろん女性側のことを一切鑑みず、
男全開で突っ走ってモテているかっこいい男性もいるため、
必ず知るべき事項かと言うとそうではない。
数ある戦略の中の一つとして位置づけて欲しい。


必須ではないが、興味本位で女性雑誌を見てみると楽しいと思う。


なんだこれは!なめてんのか!!とキレながら読むのではなく、
ああ、女性はこういうふうに考えてるんだな、
こんなことがしたいんだな、と

今後の参考にするような形で読み進めてみて欲しい。



ただしコンビニでの立ち読みはおすすめできない。
若干目線が痛いと思う。
キンドルなどで無料で読めたりするので、そっちのほうが良いと思う。




自分は普通に立ち読みしているが。








◆PDF配布「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF」

◆チバのメールマガジン

メールマガジンにて
読者の皆様と情報共有し、
ともに切磋琢磨しております。

197通以上のバックナンバーを共有しており、ご登録時にノウハウPDF
「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF(41P)」
を配布しております。

【チバの大戦争マガジン 5デイズ】
https://nanpawars-blog.net/c-mail-forms

※登録にはメールアドレスとニックネームが必要です

※Gmailは確実にメールが届くため強くおすすめします。それ以外は不達が多いため、キャリアメール・Yahooメールの場合は迷惑メールフォルダを一度ご確認下さい(現在iCloudメールには届きません。別のメールアドレスをご登録下さい)

【バックナンバー&読者の皆様からのご感想】
https://nanpawars-blog.net/post-965

◆今週のピックアップ記事

◆今週のピックアップ記事

・熟女物語 元コンパニオンの45才

 

コメント

  1. おぐしゅん より:

    今回おごることについての事を書かれていましたたチバさんは本命、本命じゃない女性によって分ける人ですか?それとも最初は奢って次は様子見るタイプですか?
    ずっと前から気になっていました
    既出でしたらすみません

    • チバ より:

      >おぐしゅんさん
      人によって、または状況によってかなり変えます。
      前提として私は女性と食事はせず飲むだけなので単価が低く、1軒の店にあまり長いせず数件回るタイプです。
      そのため「じゃあ2軒目はよろしくね」という事が多いですが、相手がお金を払う気がない場合は特に何も言わない場合もあります。
      相手が払おうとしてくる場合は、コンビニスイーツ買ってね→家連れ などの導線テクニックに使うこともします。

      • おぐしゅん より:

        飲むだけなのは過去のブログから知っていましたが「じゃあ2軒目はよろしくね」をそういう使い方をしているとは思いませんでした、そうすれば一回一回こまめな会計をすることができ相手の気分も変えることができて一石二鳥ですね。私もそれなりに声掛けできるようになったらいつか合流してみたいです。
        今回のチバさんの返信は過去で一番参考になりました、ありがとうございました。