ナンパコラム#23 女性に対して「いい人」になってはならない。例えそれが常識に反することだと思われても


男は小さい頃から「女性に対して優しくするべき」と教わって育つ。
男は何の疑いもなくそれを信じ、女性に対して優しくするように気を付けて幼少を過ごしていく。


中学、高校と過ごしていくうちに、少しづつ何かがおかしいと気付き始める。
どんなに女子に優しくしても全然彼女が出来ない。
一方でいい人の対極になるような、言い方は悪いがクズ男みたいな男の集団が、とっかえひっかえ彼女を作っている。


いわゆる「いい人」の集団は、全然女性に見向きもされていない。
一方で浮気をする、平気で妊娠をさせる、万引き・カツアゲ・暴走、その他非行を繰り返す集団の男がモテている。


疑問を抱えながらも、勉強を頑張り大学に入学する。
やっといい人が評価される環境になるぞと期待を寄せる。


だがそこでもモテるのは、チャラいテニサー、チャラいオールラウンドサークル、
飲みメインのスノボサークル、明らかに勉強はしていないであろう金髪の集団。


彼らがガンガンやりまくっている。何かがおかしい。
でも社会人になれば別なはずだ。そうして真面目に授業に出席し、就職活動を頑張り、良い企業に就職する。
そこで死ぬほど頑張って働く。


お金も貯めたし、社会的地位も獲得した。さあ彼女を作ろう。
知人が開催してくれた合コンで知り合った子とデートをする。ファーストデートは当然有名レストラン。


良い印象を与えたら一回目は当然何もせず解散。ここでがっついていない感をアピールする。俺はやりたいだけの男とは違うぞと。
そして二度目のデートは彼女が行きたがっていた水族館。もちろんお代は全部出す。途中、サプライズでネックレスをプレゼントする。


そして三度目のデート。奮発して高級レストランとバー。帰り道に夜景スポットで告白。
まさかの玉砕。信じられない。だが後日連絡をすると、もう一度会ってもいいとのこと。
ご飯が良いと言うので、彼女が食べたがっていた寿司屋を予約する。


そういうデートを繰り返していくも、なぜか彼女ができない。
一方、知り合いの同い年のサラリーマンが、本命彼女と付き合いながら年に数十人以上もの女性と関係していることを知って衝撃を受ける。
だが自分には関係のないことだと思い詳細は聞かないでおく。そして新しく知り合った子とのデートの店を新たに予約していく。


■「いい人」の特徴

いい人は、女性に対し以下のことをしなければならないと思っている。


・付き合わないと女性とはセクができない

・付き合うには3回のデートが必要である

・女性とのデートは高級レストランを予約しないといけない

・お代は全部男が出さないといけない

・女性には定期的にプレゼントをしないといけない

・複数の女の子と同時にデートをしてはいけない

・女性の要望には応えなければならない(女性がフレンチが良いと言えばレストランはフレンチでなければならない)

・女性に都合の良いエリアでデートをしなければならない

・女性が呼べばすぐ行かなければならない

・女性のラインにはすぐに返信しなければならない

・女性の愚痴や悩みは親身になって聞かなければならない



いい人は、これらの行動が「誠実な行動」だと思っているし、
「優しい男」になるための条件だと思っているし、


それが社会一般的な女性に対する男性がするべき、世間的に道徳的に正しい行動だと確信している。


さて、これらは男性側の意見であり、男性側の視点からの景色だ。
これが女性側から見てどう映っているのかを考察していく。



■女性は理性で搾取を行う。恋の場合は利益は度外視する


一言で言うと、いい人は女性にとって「操作しやすい人」である。


もっと言うと、「搾取しやすい人」である。
なぜならいい人は何でも言うことを聞いてくれるから。


女性は感情で動く、とよく言われるが、すべての100%の行動が感情で動いているわけではない。
女性も人間なので当然大脳新皮質を有しており、当たり前だが男性同様それは十分に機能している。


女性は理性を使い、計算する。
眼の前の男性とデートをすれば、これは多くの利益を得られるな、と。
演算して瞬時に期待値をはじき出す。


少なくとも3回はタダ飯にありつける。しかも高級なレストランで。
そうして行きたかった有名なフレンチのお店、行きたかったお台場のチーム○ボ、行きたかったお寿司屋さんを無料で堪能する。


案の定、男は3回めのデートで告白をしてくる。もちろん当然100%彼とは付き合わないが、ここでも計算する。
ここはきっぱりと断るより、「追わせる構図」を作り出し、もう少し彼から利益を得れないかと。


演算する。そうして『いまは彼氏を作る気分になれないの』と返事を濁し、『でも○○さんとはまた会いたいです。だめですか?』とつなぎとめておく。


こうして都合のいい男としてキープをしていく。その後男性側が女性の意図に気付いたり、付き合って付き合ってとワーワーキャーキャーうるさくなってきたり、メンヘラっぽくなって危険を察知しだしたら、


潮時だなとひとつため息をついて、サクッとラインをブロックする。
(そして女子会のネタにする)


ブロックしても全く問題は無い。なぜならこのような男性を複数キープしているから。


更に言うと、ケースによっては女性は男性の告白を受け入れる。
付き合ったほうがより得られる利益が大きいと分かれば、付き合いさえする。


付き合って存分に利益を享受して、セクロスせずバッサリ切るパターンもあれば、
さらにセクロスしたほうがより得られる利益が大きいと分かれば、セクロスをしさえもする。


セクロスをすると男性が強烈に粘着になる場合もあるため、そこは相手を見極めつつ、
得られる利益とリスクとを絶妙に計算しながら、次なるアクションを決定していく。



さて一方で、女性は男性以上に恋愛が大好きである。
恋愛も当然するし楽しむ。


その対象は上記に上げたいい人とは対照的な男たちである。
そちらは利益度外視、感情オンリーで付き合う。そして恋をする。本気のガチ濡れのセクロスをする。


男だけでなく、女友達からも『なんでそんな男と付き合うの!!!』と怒られるようなクズ男と付き合い、
天国と地獄を高頻度で繰り返しながら、恋のジェットコースターを存分に楽しんでいく。


いい人は刺激がなくつまらないので恋愛対象にはならない。



■なぜ男は「いい人」になるように仕向けられているのか


それは大多数の女性と、一部のヤリチンにとって都合がいいからである。


世の中の男がいい人だらけになったら女性は喜ぶ。なぜなら食事は全部彼らがおごってくれるし、
行きたいところは連れて行ってくれるし、かといって面倒くさくなったら簡単に切れるからである。


彼らは女性に対して優しく接するようにと洗脳されているため、いい人が増えれば無害な人が増えるのである。
何かあったらすぐ助けれくれるし、見返りは求められない。


ちょっと嫌なことがあれば助けを求めればいいし、いい人はなんでも相談に乗ってくれるし、何ならいろいろ調べてくれたり、
詳しい知り合いを紹介したりしてくれる。


いい人が増えると女性には得しかないのである。なので男性はいい人であるべき、というプロパガンダを盛大に行う。


それが「一般常識」となるまで宣伝を行う。そして世の中のヤリチン達はそれを見ながらも、それをスルーする。


なぜなら実はヤリチンにとっても、世の中の大半の男性が「いい人」である方がメリットが大きいのである。
その理由は、そのほうが相対的にヤリチンがモテるようになるから。


大抵の男性が「いい人」で女性にモテなければ、ごく少数のヤリチンはその希少価値が高まっていく。


大抵の男が女性を良いレストランに連れてってくれているので、ヤリチンはバーに連れ出すだけで良くなる。
大半の男の口説きはしょうもない内容なので、ヤリチンは普通に口説いていくだけで女性をどんどん落としていける。


そのためヤリチンは、この搾取構造の存在に気付いていながらも特に何も発言することはなく、ただ淡々と口説きの活動を継続していくのである。



■女性に対して「いい人」になってはならない。例えそれが常識に反することだと思われても


いい人になるのをやめよう。世の中の常識に従うのを辞めよう。


だからと言ってクズ男になれと言っているわけではない。
確かにクズ男はモテる。しかしクズ男でない人がわざわざクズになる必要はない。


不必要なことをするのをやめよう。
例えば女性を口説くのにわざわざ3回もデートをする必要はない。


女性とセクロスをしたいだけなのに、わざわざ付き合う必要もない。
その方が常識的だからと言って、ひとりの女性を口説く時は他の女性とのデートをやめる必要だって無い。


女性だって人間なのだから、セクロスが大好きなのだ。
誰だってロマンチックな出会いと、ドキドキするような口説きの応戦をしたいと思っているし、その夜に物語のクライマックスになるようなベッドインをしたいと思っている。


それを君としたいというストーリーで口説いていこう。ダメだったら、その子はやめて別の子にいこう。


なぜならチャンスはいくらでもあるし、女性は星の数だけいる。
自分に自信がついてくれば、今回はダメでも次に行けると自然に思えるようになる。


こうして行動していると、世間の常識とはかけ離れた行動が多くなってくる。
そのことについて、批判や批評を受けることもあるかもしれない。


だが実は、それこそが女性関係で成功している証拠なのだ。
なぜなら女性関係でトップの男は、すべてが例外だからだ。
行動、言動、ふるまい、結果、ありとあらゆることが普通ではないからだ。


女性にモテるということは、反常識的なのだ。
そしてそういう男性ばかりになってしまうと多くの人間が困ってしまう。
タダ飯をおごってくれる人が少なくなるし、アッシーメッシーが減ってしまうし、
都合のいい男性が絶滅してしまう。


だから多くの叩きを食らうだろう。だがそれらは全部無視してしまって問題ない。
批判してくる人の言うことに素直に従っても、女性関係は全く改善されないし、むしろ悪化するからだ。
そして批判する人は批判をするだけで、助けたり手を貸してくれたりは一切しない。
彼らはただ攻撃してストレスを発散しているだけだから。



いい人になるのをやめよう。世の中の常識に素直に従うのをやめよう。


不必要なことをするのを辞めて、ストレートに口説いていこう。
それが世間の常識と反することでも、気にせず行動していこう。


断言してもいいが、この記事が公開されても世の中は一切変わらない。
「いい人」は相変わらず男性の大半を占めているし、
「いい人」はいつも通り女性に高価なプレゼントをあげつづける。


ほんの数人でも、世の中のこの仕組みに気付いてくれればそれでいい。
ほんの数人でも心が動いて、変わろうと決意を固めて行動してくれればそれでいい。



理不尽だな、と思うことを変えていきたいという気持ちは少しある。
しかし結局は自分の世界を見る目を変えるほうが早いし、
考え方をちょっと変えるだけで世の中はずいぶん生きやすくなる。





※ナンパコラム#23 に対する感想を頂きました
nanpawars-blog.net/post-4524


◆PDF配布「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF」

◆チバのメールマガジン

メールマガジンにて
読者の皆様と情報共有し、
ともに切磋琢磨しております。

231通以上のバックナンバーを共有しており、ご登録時にノウハウPDF
「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF(41P)」
を配布しております。

【チバの大戦争マガジン 5デイズ】
https://chi-magazine.com/mail/forms.html

※登録にはメールアドレスとニックネームが必要です

※Gmailは確実にメールが届くため強くおすすめします。キャリアメール(ドコモ、AU、SB)の場合はPCからの受信許可の設定後にご登録下さい。(現在iCloudメールには届きません。別のメールアドレスをご登録下さい)

【バックナンバー&読者の皆様からのご感想】
https://nanpawars-blog.net/post-965

◆今週のピックアップ記事

コメント

  1. かわず より:

    自分もプレーンないい人で接した時は惨敗して、身勝手で「女たらしでしょー」とか言われるような接し方をした時に上手くいってっていう現実に少し残念な気持ちになったことがありました。本音としてはいい人がモテてほしいですが。
    相手のレベルが高いと怖くなっていい人モードになりそうになるんですけど、この記事思い出したら勇気出して戦えそうです。

  2. くー より:

    とても参考になるコラムでした。
    いつもありがとうございます。

  3. ケイアイ より:

    いい人で損をしてきた自分にとって、変わろうと決心できるコラムでした。ありがとうございました!

  4. 13号 より:

    心に響きました。

  5. チバ より:

    >かわずさん
    男性側の思いはどうあれ、世の中の法則はこれが現状だと実感しています。


    >くーさん
    これからも発信していきます。

    >ケイアイさん
    前に進んでいきましょう。


    >13号さん
    なによりです。

  6. アスパラ より:

    チバさんの言語化能力は本当に尊敬します。

  7. ●丸 より:

    恋愛のれの字も知らず、自分の思うがままに相手に罪悪感を与えるような恋愛してた頃は今思えば長続きしましたね。 歳を重ねて一般的な真面目で優しい人間になってからは全然うまくいかなくなりました。 あの頃より成長している筈なのに何故!?と悩んでいましたが、腑に落ちました。

  8. 週末ナンパ より:

    二十歳そこそこの何も怖くないときは口説けばすぐにかわいい女の子を抱けていたけど30を過ぎてモテなくなってきたと感じましたが、それはいい人になってしまっていたからでした。
    最近ストを再開して少し成果を出せるようになってきました。いい人をしていないからです。
    媚びずにダメなら次という姿勢でいる方が食い付きがいいです。その思いが確信に変わりました、ありがとうごさいます。

  9. デュン より:

    異性に対する善意は本当に報われないですよね。
    特にどうしようもないタイプの子であればあるほど。
    とことん冷酷に付き合えばいいも思いつつ、
    純粋な良心から色々してあげると足元をすくわれる度に、
    甘さを実感しつつ人としてのジレンマを感じます。
    時としてどうしようもないイラつきさえ覚えますが。こういう時は友情って素晴らしいと思えますね。

  10. Heyji より:

    小さい頃から刷り込まれた教えほど習慣化されて抜け出せないものです。

    最初の革命は声が震えるかもしれない、心臓の鼓動がうるさいかもしれない、うまく顔がつくれないかもしれない。

    でもその結果、望むものが手に入ったとき、認識は変わる。

  11. チバ より:

    >アスパラさん
    これからも定期的に発信していきます。

    >●丸さん
    常識や自分の考えと、実際の現実のルールが異なることが多いです。

    >週末ナンパさん
    自己中心的、少しワル、こんな特徴の男性が好まれたりします。一般的な感覚とは異なりますが。

    >デュンさん
    女性に対する善意は報われません。
    残念な事実ではありますが。

    >Heyjiさん
    場数、経験は偉大です。新たな習慣を作るのが良いです。

  12. 丸山 より:

    ネットでたまたま見かけてこの記事を読みましたが衝撃を受けました。
    私はまさに良い人でここに書いてある生き方がまさに自分が歩んできた生き方そのものだったので落ち込みました。

    もう彼女が全然できないのは嫌なのでこの生き方は辞めたいです。
    このことに気付けたことに心から感謝致します。

    ただ、常識に反していくというのが具体的にどうしていけばいいのかイマイチピンときません。
    マインドや日頃から意識することなどあったら教えて頂きたいです。よろしくお願いします。

  13. チバ より:

    >丸山さん
    マインドや具体的行動について、こちらに詳細にまとめておりますので御覧ください。
    https://nanpawars-blog.net/kanojo-tsukurikata