高学歴ムチムチJD/恵比寿ナンパ


某日 新宿にてアポ。


彼女をナンパしたのは恵比寿。所要で某街に行った帰りの乗り換えの際に30分ほど声かけしたときに彼女にヒット。
丸顔でムチムチした感じのスタイルが好みだった。


で、JDとは分かっていたが、飲み進めるうちになんと某高学歴大学ということが分かって。
恥ずかしながら全然分からなかった!
というか、もっとこう、某有名(不名誉な方面で)な女子大とか、
ナンパ師が大好きな「名もなき大学の軽めな女子大生」とか、
そういうコモディティな案件かと思っていた。


某有名校だった。しかもそこでもまた専攻が「えっ」と驚いてしまうもの。
さすがにこれには興味がそそられた。


で、ちょっと恋愛トークはお休みしていろいろ訊く。

『父親が○○の△△なんだよね』
『母親はxxxのyyyy』


出てくる出てくる。


本人はちょっとそれは話したくなさそうな、
でもそれが自分のアイデンティティだと分かっていそうな、
そういうお硬い環境にいるのにギャルっぽい格好をしているとか、
そしてそういうのに似合わない体つきをしている(さらにそれを強調する服をあえて着る!)とか、


そういう反抗的、反体制的、アナーキーさがあるのが私なのよ、という、
結構状況・環境までメタ的に含めたアピールの仕方をしてくるように自分は感じた。


若干めんどくさい、と思いつつも、そういうこじらせた女子は嫌いではないし、
ちょっと魅力だな、とも同時に思う。


喋り方がばかっぽい感じなのも、おそらく意識的にそういう友達と友だちになって、
ほうっておくと真面目になっていってしまう自分をぐいっとそっちに引き寄せているような気がしたり。


なんてぐるぐる考えながらも、核心に迫っていく。


そういう子の恋愛事情。だいたい荒れてるんだよなあ。


で、ドンピシャ。


荒れに荒れてる。ひどい有様。


箱入り娘が弾けてしまった典型的な姿。厳しい親に育てられた反動。
めちゃくちゃにされていた。成人して、叱る人がいなくなったから、それを補填するかのように罰を求める。


結果ハードプレイ常習者になる。


で、2軒め。なんなくトークが進む。身体の距離も縮まる。


チバ「もう一軒いこっか」

JD『いいよー、どこ行くの?』

チバ「んー、とりあえず歩きながら決めよっかな」


で、退店時の階段を利用して、手つなぎを試みる。


気をつけてね、なんて言いながら手を差し出す。
手首。からの、手のひら。


ぎゅっ と、握り合う。
彼女を見る。


えへへ、という感じで笑ってる。


判定法。

即決!
ゴーサイン!!!



タクシービタ止め。乗車。腰を抱く。


家にイン。そして必殺、バタンチュー。



準即。



すごい身体だった。肉厚感と、そしてすごいカップ。
これで某大学、と聞くと、そういう性癖は自分にはあんまり無いと思っていたのだが、
結構、いやかなり興奮した。


自分のPlayは結構普通なほうなのだが、この日は最後は顔に出した。
どうしてもしたくなったのだ。
事後それを言ったら、
『これしてくる人多いけどなんでなの?』と言っていた。


自分でも分からなかったが、したくなったのだ。


この日はお泊まりはなしで解散。
事後はラインがちょくちょく続いている。
もう一度会うかは分からないが、傾向としては悪くない。


今回の教訓と言うか、とにかくナンパはこういう意外性とか、
確変と言うか、
常識が壊される出来事とか、多様性だとか、


そういうものがリアルで日々降り掛かってくるから面白いし飽きない。


ほんとに色んな子が沢山いるし、驚くことばかり。
変わった人というのは無限にいるし、普通というものがなんなのかが正直わからなくなってくる。


女の子の傾向とか、そういうのは確実にあるけれど、さらに解像度を高めて個別事象を顕微鏡を覗くように見てみると、
そこには傾向というものは存在せず、100%違った世界が広がっている。


ようは解像度の階層の違いだ。どのレベルで見るかだ。
ホモ・サピエンスでくくるのか、日本人でくくるのか、男女でくくるのか、


年代でくくるのか、学歴でくくるのか、性格でくくるのか。


自分はもっと高い解像度で見ていきたい。
そしてたまに解像度を低くして、傾向を見て、そしてまた深く見ていく。
繰り返す。


そんなふうに見ていければと思った。
こんな風なことを書くと、観察力がもっと高いその分野の専門家的な人から何か言われたり突っ込まれたりしそうな気もするけど、
こちらは趣味でやっているのでこういう雑な感じの考察について許してほしい。


こちらはただ単純に、楽しいからやっているだけ。
純粋に楽しいのだ。



◆PDF配布「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF」

◆チバのメールマガジン

メールマガジンにて
読者の皆様と情報共有し、
ともに切磋琢磨しております。

237通以上のバックナンバーを共有しており、ご登録時にノウハウPDF
「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF(41P)」
を配布しております。

【チバの大戦争マガジン 5デイズ】
https://chi-magazine.com/mail/forms.html

※登録にはメールアドレスとニックネームが必要です

※Gmailは確実にメールが届くため強くおすすめします。キャリアメール(ドコモ、AU、SB)の場合はPCからの受信許可の設定後にご登録下さい。(現在iCloudメールには届きません。別のメールアドレスをご登録下さい)

【バックナンバー&読者の皆様からのご感想】
https://nanpawars-blog.net/post-965

◆今週のピックアップ記事

コメント

  1. 冬ウサギ より:

    良い夏を

  2. ヒデ より:

    いつもブログ見ています。いつも思うのですが、その後女の子から付き合ってと迫られたりしないのででしょうか?

  3. かわず より:

    「若干めんどくさい」は共感し過ぎて笑っちゃいました。すごく分かります。「でもそんなこじらせ女子が好き」って、チバさん女性を経験しすぎてご自身もこじらせてきてるんじゃ…笑

  4. チバ より:

    >冬ウサギさん
    夏もどんどん出ていきます。

    >ヒデさん
    事前にそうならないように工夫しますし、そうなってしまった場合、問題にならないようにかなり気を付けています。

    >かわずさん
    私はこじらせていると自分でも思います。私の参考になる部分だけ真似て下さい。