スト師はLANの夢を見る -美女ゲットナンパ番外編- (中編)


(前編)
nanpawars-blog.net/post-4656




人混みの先に、何かが見えた。


「ん?」



よく見ようと目を凝らした。


目を細めて。


目を細めて。



「あっ、、」




すぐさまダッシュした!
相棒の確認もいらなかった。確認もしなかった。
というか、知らせもしなかった。



やばい。


別格がいる!



ぐんぐん近づく。さあ声をかけよう、と思った瞬間、
うっ、と何かが自分の足を止めた。


(だめだ!)


(ひとりじゃなくて、相棒と二人で一斉に声をかけないと!)



分かってた。
別にそんなことはないってことは。


ここにきてビビってしまったのだ。
で、不安になって、振り向いて。


相棒はどこだ?と、探すように。
助けを求めるように振り返って。



そしたら。
その瞬間。


ブワッ っと。



猛ダッシュの相棒が。
目の前を通り過ぎた!



そして本当に漫画のように、二人組の目の前に立ちはだかって。
何かを叫んでる。



すぐに追いかけた!!
相手の反応は?


笑ってる!!!



「見つけたよー!!」

「もー、探してたんだってー!!」



相方は何度もそう叫ぶ。


えっ笑、何々、なんなの?笑


と口を抑えて笑う彼女たち。


ついに見つけた。


そして立ち止めに成功した。


奇跡のダブルスト高。


高身長。大人ギャル、姉ギャルという見た目の二人組。


必死のトークを開始。


そして奇跡は。
ここから始まった。





*******




『ちょっとー、ほんとに今日色々適当なのー!』



何度もそう言って、何度も髪をかきあげる。
ちょっと色黒のロングヘアーの彼女。
高身長。高橋メ○リージュンが一番イメージに近い。
直視できないレベルに美人。


その隣で『うける笑笑』を連呼する彼女。
近いのは加○夏希。
高身長。抜群のスタイル。
笑った顔がくしゃっとして、死ぬほど可愛い。



いくら言っても、言い過ぎることはない。


この二年半で出会ったコンビ女性の、ベスト・オブ・ベスト。


死ぬほどの美人が、二人揃っていた。



連れ出した先でがっつりトーク開始。


彼女たちの仕事はアパレル。
アパレルの中でも、おそらくというか、間違いなく。
上位中の上位。


有名中の有名のブランドに関係している二人。
仕事帰りでガールズトークと愚痴大会をするために集まったところだったという。
で、自分たちが突然現れてワーワー言い出したと。



使用したのは「華がない」トーク。



遠方から久しぶりに友達が来て。二人で飲もうと思った。
けど、男二人って華がないよなー、と話していたら、なんと!


目の前に!見つけてしまった!
華を!!



という、偶然などを利用したシチュエーショントークに属するテクニック。
基本的にはこれで攻めた。


「愚痴言うなら聞き手増えたほうが絶対いいって!」
「4人の方がいいって!!」


的なことを言いまくり、テンションもヴァイブスも全部利用して連れ出し。
我々は本気だった。なぜなら、彼女たちが本気に値する以上のレベルだったから。


『ちょっとさー、男と飲むんだったらさー、ほんと違う格好してくればよかったのにさー!!』


メアリーの方は本当にテンションが高かった。常にワーワー言っている。
一方で夏希の方はいつもにこにこ。口を手で抑えて笑っている。


仕事帰りだというが、両者ともに姉ギャルなんだろうな、ということが垣間見れる。
しかしブランドに関係するだけあって、その要素はおとなしめにしてはあるが。


圧倒的にレベルが高い。顔面やスタイルだけじゃない。
何もかも。小物に至ってまでも。



で、ここからが本当に緊張度が高い場面だった。


ここまでは。ただ、連れ出しただけだ。
いくら相手のレベルが高かろうが、現時点ではただ連れ出しただけ。


ここからがっつりなごんでいく。それは分かっている。
だが、問題は実はそこではない。


この2年半の学びから。自分の10年の経験から。


「LAN」を実現するためには、これにはテクニックだけではちょっと足りない。


どうしても「素質」が必要になってくるのだ。


素質とはなにか。それは、女性側の属性のことである。


ある程度チャラ属性である必要があるのだ。あるいは、経験豊富であったりとか、
もしくは一時的にちょっと荒れていたりだとか。


そういう素質が必要になってくる。なぜなら、「色」や「なごみ」、「魅了」を駆使したとしても、
それは女性にとって「LAN」をする理由にはならないから。


どんな美女でも、一対一で魅了し、ドキドキさせ、惚れさせることができれば、
どんなに硬い女性でも一夜をともにすることは可能だ。


しかしLANは、その性質上、それでは突破が出来ないのだ。
一人に強く惚れてもそれはLANになる理由にはならないし、
二人に同時に強く惚れるという事象は、自分の知る限り滅多に存在しない。


LANは特殊なのだ。ノリやテンション、計画されたハプニングが必要になるが、
色や魅了ではなく、どうしても相手の素質が必要になってくる。


つまり、チャラ開示。
この場面で、相手からチャラ開示を引き出すことができれば、
LANの可能性はグンと高まる。


むしろ、その要素が絶対に必要になる。
その要素がないと先に進めない壁があるのだ。


それが無かったせいで、どれだけ最後まで行けずに泣いたことがあったか。


メアリーと夏希。
今回はどうだ?



メアリー『あのねこの前ねー、私達の友達の○○ちゃんって子がいるんだけどー、』


メアリー『海遊び行ったらナンパで車に連れてかれてそのままカーセしちゃったらしくてー、そのあと海戻ったら別の男にナンパされて、それでね、今度はその場のテントでヤったらしくてーー笑』

夏希『テントってやば笑笑』


メアリー『それでxxxでyyyで、、、』


メアリー『~~~~~~~~~~~~』



相棒&チバ

「・・・・」




絶 対 に 逃 し て は い け な い ! ! ! 




確信。そして作戦を決行。
それは「鬼のなごみ!」



もう一つ、重要なことがあったのだ。
何度も失敗してきて、その中で学んできたこと。



それは鬼のなごみの重要性。
ただなごむだけじゃない。ただ、連れ出したり、LANしたりするレベルになごむのでは足りない。


「貫通させる」のだ。
貫通する鬼のなごみ。何を言っているか全然わからないと思う。
だが説明させてほしい。
これは本当に重要な概念。


まったり旅行LANをするには、旅行まで貫通するなごみをする必要があるのだ。
つまり今夜限りで終わるなごみではない。


今後も関係が続き、もう一度会うレベルまで到達するなごみをする必要があるのだ。
これが出来なくて何度も泣いたのだ。一夜限りになったり、その後音信不通になったり。


この4人でオレ○ジデイズができるくらいに仲良くなるのだ。
それも短時間で。


そんな不可能を可能にするパワフルな戦術。
それが「鬼のなごみ」の役割になるのだ。



某店で。全力を出して盛り上げる。


幸いにも我々二人の息はバッチリだった。
もう何度も何度も何度も何度もこれをやってきた。


テンションを上げて盛り上げた。
2軒目。さらに時間をかける。
ヴァイブスは満タン。
いじり倒して。ホメて。またいじって。突っ込んで。


お腹抱えるくらい笑い合って。
そして決めの一言。


「酒買ってXX(チバ)の家で飲もう!!」


スタンダップ!
タクシーで一気に我が家へ!!


inした我が家。
酔ってテンション爆上げで、音楽かけて我が家で踊りだすメアリー。
ほろ酔いでトローンとして笑ってる夏希。


『部屋着かしてーー』と人の引き出しを開けまくるメアリー。
ふざけんな勝手に開けんな!!と怒って止めに入る自分。
ケタケタと笑う夏希と相棒。


王様ゲームはしない。
なぜなら無理にLANに持ち込んでも、「貫通」しない。


旅行まで貫通しないから。


セオリーとされている王様ゲーム。


使わない。


必要ない。



機が熟すのを待つ。



演算。



「ここだ」



合図のサイン「ダウンタイム」



いきなりの消灯!
『え、ちょっと!!!』と戸惑う二人。



そして静かになる我が家の一室。



すっ、っと、メアリーにキス。
同時に相方も夏希にキス。


言葉は無い。
ピチュ、クチュ、という音が生々しく響く。


手を繋ぐ。
すっ と、恋人繋ぎにする。


心臓はバクバクして飛び出しそうだった。


不安だった。


このままいけるか。


グダが怖い。


メアリーの服を脱がす。


グダは、、 くるか、、?


表情を確認。


うっすらと見える。メアリーの恥じらいの表情。


相棒は?
ちらっと見る。まだキスをしている。


早まったか。こちらも、キスに戻る。


じっくり、じっくり。


ん、、とメアリーがつぶやく。


すると



「ッッ!!!!?」



稲妻が落ちた。


下半身。


何だ?



メアリーが、触っていた。



リトル。



顔を上げて。メアリーの顔を見て。



メアリーは。


うつむき加減で。
恥ずかしそうに。



上目遣いで。
触りながら。




にこっ  と、笑った。




(GOサインッッッ!!!)




心で叫んだ。



完了。


第1段階突破。


夏希。



完了。



グダは、起こらなかった。



同時。


完了。




LAN、達成。





********




夢は、終わらない。
終わらせてはいけない。



ここからが、まだ見ぬ夢への道。



事後、リビングの東芝レ○ザにPCからHDMIで出力をする。



「今度4人でここ泊まり行かない!?」



なぜこんなことをしたか?
これは我々の血の学びから。


つまり、



『鉄は熱いうちに打て』



その日、その時、その場所で。
プレゼンを完了させるのだ。


そして日程まで確定させるのだ!



えー、めっちゃいいじゃんー!
いきたーい!!
はしゃぐ二人。


だが女性の言葉には真実は無い。
行きたい、と言って音信不通。
ラインブロック。


何度も何度も何度も何度も、泣きを見てきた。


具体的な日程を決めるまでは、安心できない。


当日を迎えるまでは、安心できない。



幸運な要素は何個もあった。
彼女たちは土日が休みではない。
特に夏は忙しい。


だから彼女たちは、花火や海、イベントになかなか参加できずに、ストレスを抱えていたのだ。


お誘いはすごいが、ことごとく土日に集中する。
それに仕事も忙しく、遊びに行くモチベも若干萎え気味であったという。



しかも最近まで二人とも半同棲していた彼氏と別れていて、
久しぶりのフリーの夏だったという。


幸運がどんどん重なってきた。
今年の夏ははっちゃけたいねー、とは言っていたが、
忙しさもあって全然計画せずだったという。


じゃあ!!!!という猛プッシュ。
事前に候補は何十と決めてあった。


さらに第一候補の場所については、実はキャンセル期限までキャンセル料が無料だったため、
すでに抑えてあったのだ。



だが問題が発生。



土日で抑えていた第一候補だったが、
彼女たちはアパレルで土日に参加できない。


第一候補の宿は使えない!



平日に実行!?
我々は頷きあった。彼女たちのためなら、
当日に仕事を欠勤してでも参加する。


問題は宿だった。取れるか??
第一候補。無理そう。深夜のため電話はできない。


相棒が合図を送ってきた。ラインを見ろ、という合図。
すっと、ライン見た。そこにあった一言。


「あそこでも俺は大丈夫」


ここは大げさすぎるだろ、という大人数用の宿泊プラン。
でかいコテージ。


ここでも良いと言う相棒。
その覚悟は伝わった。


そして自分も。
気持ち同じだった。



空いているか、、?ネットで検索。
奇跡は続く。


候補の日に空室があった。



「ここどう?」

『え、やばーー!』

叫ぶメアリージュン。


バケーションに最高の場所。
バケーションに最高のアクティビティ。


プール。BBQ。何でも出来る。


キャンセル不可。
「いい??」


「とっちゃうよー!」



予約確定。



かくして。こうして。




準備は整って。




車も手配して。
日程は半月後。




即作ったグループラインには、ウザくならない頻度で、
でも定期的に4人でチャットして。




担当同士が惚れないように、個別ラインはできるだけ控えて。




てるてる坊主は無いけれど。
毎晩。祈った。




ドタキャンになりませんように、と。天に祈った。


信じもしてない神に、今回だけはと祈りを捧げた。



そして、ついに当日。




某集合場所。






夏の格好をした二人の天使。





笑顔のメアリーと夏希が、
我々の前に現れた。











◆PDF配布「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF」

◆チバのメールマガジン

メールマガジンにて
読者の皆様と情報共有し、
ともに切磋琢磨しております。

237通以上のバックナンバーを共有しており、ご登録時にノウハウPDF
「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF(41P)」
を配布しております。

【チバの大戦争マガジン 5デイズ】
https://chi-magazine.com/mail/forms.html

※登録にはメールアドレスとニックネームが必要です

※Gmailは確実にメールが届くため強くおすすめします。キャリアメール(ドコモ、AU、SB)の場合はPCからの受信許可の設定後にご登録下さい。(現在iCloudメールには届きません。別のメールアドレスをご登録下さい)

【バックナンバー&読者の皆様からのご感想】
https://nanpawars-blog.net/post-965

◆今週のピックアップ記事

コメント

  1. かわす より:

    やばい!まじでにやけが止まんないです!おもろすぎます!!
    続きをお願いします!!

  2. ナンパの虎 より:

    記事の勢いがアツい
    まさか前編の次、中編とは!

  3. くー より:

    最近の記事の中で一番チバさんのテンションが高い気がします。少年のようなテンションです笑

  4. 國井 より:

    プロジェクトXで取り扱えますよこれ!

  5. てら より:

    あつい、、、!

  6. 空箱 より:

    お二人のLANに対するアツすぎる覚悟が伝わりました…!
    後編がとても楽しみです!