ひたすらスト 人工甘味料みたいな女の子


長期遠征のお誘いもあったのに。
いろんなイベントナンパの機会もあったのに。

結局、自宅と職場の最寄りでひたすらストってた。
9月にはゆっくり遠出でもしたい。



某日

三丁目エリア地下で流しながらナンパ。
Lゲ重ねてると、かなり食いつきいい案件に当たる。
27歳のOL。身長高くスタイル良い。
そのままの流れでいつもディープななごみをするために使う静かなバーへ連れ出し。
がっつりトーク。
雰囲気を作り出す。
関係構築。
真面目風だったが運命ストーリーで自宅へ。
グダ崩してゲット。
なごみの威力を再確認した日だった。



某日

ワーク帰りにジム行って、自宅に戻ってから再度外出。
ちょっとした家電買うために繁華街へ出ながらスト。
で、不振だったため帰宅しようとしたが、どうもこのまま帰りたくなくて。

23時すぎてもスト続行。
終電で帰るか迷ってる層を一本釣りする。
何度か惜しい立ち止めがあるも不発。
で、座り込んでるD生を発見し連れ出し。
カラ。
ギラ。
グダ。
で、持ち直して飲みに行って、
なごんで、
そのまま自宅で即。

結局泊まりになったが、おそらくそれを狙っていた可能性も。
ただ、こちらとしてはそれは別に良い。
ゲットができれば。
利害が一致すれば事は成立する。





某日

週末、0時から出撃。
電話したりメール打ったりしてるうちに
1時過ぎてくる。
次の日朝早いのでさくっと即りたい。
真面目そうな子がふらついてるので声かけ。
連れ出し。飲食系の会社のOL。
カラに移動してギラツク。
ノーグダ。
あっさり過ぎるほどのゲット。
お会計して解散。

で、2時すぎ、もう少し行けると思いスト。
酔っ払った二人組みを立ち止め。
そのままなごみ、飲みに行く流れになるが、
逆3は分が悪いのでなんとかしたい。


言え近い方の子をタクシーで帰らすトークをかますが、
お金ないらしくいやがる。
これは払う流れか?と思うが、それはポリシーに反する。
2人をカラに連れ出す。
カラで飲み開始。
で、結構飲んで。
片方がトイレに行った瞬間に追いかけてギラ。
際どいゲット。
ダブル。
で、番号交換して、3人でしばらく遊んでから、
彼女たちが朝までいれる分のお会計済ませて
自分だけ帰宅。
結局寝たのは4時。
次の日がしんどい。




某日

ワーク帰りのLゲを続けていたが、
一気に即りたくなり方針変更。

最近考案中の直家トークを連発する。
が、直家グダだらけ。
めんどくさくなるが粘る。

20分位続けていると、
仕事終わりのエステティシャンを立ち止め。
直家トークするとグダるものの、それはだめなグダではなく
行けるグダであると判定。
で、トークと積極さで足を進めさせ、直家。
家に入ればこっちのもの。
丁寧にグダを崩してゲット。
ちゃんと考えながら数打てば当たる。

で、その子は良い子で面白くて、明るい子なのでそのままお喋り。
深夜までいちゃいちゃして就寝。
朝方解散。




長くなるんでいろいろ省略して。



で、某日。




地下街で美女ナンパしている際に連絡先交換した
24歳OLとアポ。

出会った時からめちゃめちゃ可愛くて、
粘りに粘ってLゲして、
なんとかアポまでこぎつけて。

初見だけじゃなく、アポで2度目の対面しても、
間違いなく、今年一番のスト高だと判定できる物件で。

もう、ここは特別なことをする、というのではなく、
今まで何度も何度も何度も繰り返してきた完璧な準即スキームを
そのまま使い勝負しようと決意し、実行。

調べに調べた完璧な店で。
練りに練られた完璧なトークで。
計算に計算を重ねた完璧な店移動。
話題転換。
雰囲気の構築。
心のつながり。
ボディタッチ。

数え切れないほど食らってきた家連れ出しグダから学んだ、
自分史上最高の家連れ出しグダ崩し。

そして、即に繋がる魅力的かつ強引なギラつき。


心の中では汗だくだったが、
全くその素振りを見せず、完璧を演じてステップをすすめる。


結果。

無事、準即ゲット。

最高の時間を過ごすことが出来た。



と、思ったのだが。


行為中だったろうか。
どうも、違和感があった。


疑問に感じながら、一度行為を終え、
ふたりでピロートークを楽しむ。


で、またやる気になって、
もう一度行為をする。


その時。
ん?
と。

違和感が。


腑に落ちない感じが。


で、2度目の行為を終えて、
多少冷静になって。
彼女とお喋りして。


ここらへんで、だいたい違和感の正体がつかめてきた。



彼女は可愛かった。
顔の造形がめちゃめちゃ整っている。
小さい顔に、美しいパーツが完璧な配置で収まってる。

で、彼女は化粧が完璧だった。
まつげも、アイラインも、チークも、
ファンでも、まゆげも、
カラーも、巻き髪も、

なにもかも、完璧。


ネイルもちゃんとしてるし、
足の指まで完璧。

毛は脱毛に通ってるし、
肌は日焼けもしていない。


話してると、受け答えもしっかりしてるし、
質問されたら質問してくるし、
喋るタイミングがかぶったら絶対ゆずってくる。


しぐさが女の子っぽいし、
自然に上目遣いも出来る。

そして、行為は、ほんとうに完璧で、
笛もとても上手だし、なにより頑張ろうとする。
こちらが喜ぶようなことを自然に言ってくる。
そして、こちらが何度も求めても、
すべて受け入れてくれる。
けっして、拒絶しない。

ちゃんと、男を立てる。



彼女は完璧だった。
女の子として、完璧だった。



だからこそ、違和感だった。



彼女は、人工甘味料みたいだった。
確かに、甘い。
確かに美味しい。

けど、なにか違う。


甘くなろう、という意志が強すぎる。
人間が甘く感じるためには、どうすればいいのだろうか?
そう考えに考え抜いた結果、生まれた人工甘味料。

こうすれば、甘く感じるだろう?

そう言わんとするような存在。



だが、本物の甘さではない。
なにかが違う。
確かに甘い。
でも違う。

ダイエットコーラは美味しいが、
本物の甘さか?と言われれば、違う。
普通のコーラと味がぜんぜん違う。



彼女は、本来の女の子の可愛さとは違う。
ネイルも。メイクも。その仕草も。

自然な女の子の可愛さではない。
素で明るくて、心から楽しんで、
心から笑ってはしゃいでいる女の子の可愛さではない。


全ては作られた可愛さだった。
こうすれば可愛いと思うでしょ?
こう化粧すれば可愛く思うでしょ?
こう言えば可愛いと感じるでしょ?


まるで、そう常に問いかけてくるような。


常に、とある第三者を意識して作られた可愛さだ。
途中で、自分はそれに気付いてしまった。
途中までは気づかなかった。
可愛いと思っていた。
めちゃめちゃ可愛いと思っていた。
でも、それが第三者を意識した作られたものだと分かった瞬間から、
魔法が解けたように、
彼女の所作に魅力を感じなくなってしまった。



もちろん、彼女に悪気があったわけではない。
彼女は、彼女なりに頑張っている。
そして、それは結局誰かを喜ばせるための行為だ。
彼女と付き合う男性は幸せだろう。
彼女は、尽くすタイプの女の子だ。
一生懸命に、そのひとのことを思って、何かをするタイプの子だ。


だから、彼女は何も悪く無い。
その行為自体を否定する気も全く無い。



だが、自分は。



やっぱり、誰か第三者を意識した可愛さではなくて、


その子が心から楽しんで、
その子が心から笑っていて、


その素の彼女が魅力的だと思えるような、
そんな女性とともに同じ時間を過ごしていきたいなと考えている。








まあ、滅多にいないのだけれども。









◆PDF配布「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF」

◆チバのメールマガジン

メールマガジンにて
読者の皆様と情報共有し、
ともに切磋琢磨しております。

また、100通以上のバックナンバーを
共有しております。

ご質問が殺到しているため、
「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF(41P)」
を登録時に配布しており、知識を深めてもらっています。

【新宿ナンパ大戦争メールマガジン】
http://nanpawars-blog.net/mail/form/sm1b

登録はハンドルネームと
メールアドレスの記載で可能です。

【バックナンバー&読者の皆様からのご感想】
http://nanpawars-blog.net/post-965

コメント

  1. じいちゃん より:

    美人ゲットおめでとうございます。

    1つお伺いしたいです。
    ゲットした相手は「作られた可愛さ」ということですが、自分を持って今の人生イキイキしているチバさんの追い求めている美人は、ナンパにかなり引っかかりにくいと思っているのですがいかがでしょうか。
    私も美女ナンしていて思うのですが、引っかかる子はどこか隙があるような人、抜けている子、心に穴がある子がほとんどだと振り返ると思います。
    私がそのような女性しか相手にできていない可能性はありますが、「ナンパの限界」について日々考えています。

    チバさんは美女ナンパを進めていく中で、私の上記の考えに関してどのように思われますでしょうか。

    • チバ より:

      >じいちゃんさん
      ナンパの限界に関しては昔から常々考え、様々な手立てを打ってきた上で、結論、やり方次第でいくらでも限界は突破できるという結論に至っています。

      軽い声かけをすると軽い子がヒットし、誠実で真剣な重みのある声かけをするとしっかりした子がヒットする。
      この法則を掴んでいるため、全てはやり方次第で結果は変わると考えています。

      • じいちゃん より:

        ありがとうございます。チバさんの考えを咀嚼し、今後私も検証していきたいと考えております。私も誠実系ですが、正直言って「重み」は無かったと思いハッとしました。
        この「重み」は言葉だけじゃなく、真剣さと熱意からくるものだと考えましたが、その部分を「伝える」能力がまだ足りないなと実感しております。
        チバさんのブログを拝見すると、毎度気づく事が多いです。これからも応援しております!

  2. まいける より:

    チバさん。普段ブログで楽しませていただいてます。ナンパをちょこちょこ試してみて雰囲気よく話せて楽しめた子からも翌日になると連絡が途絶えたりして落ち込むのですが、やはりナンパである以上仕方ないことなのでしょうか?

    • チバ より:

      一定の確率で発生しますが、連絡先を貰う際の2-3分のなごみを強化することでかなり改善できます。
      また、連絡が途絶えてアポれない原因はだいたい以下ですので参考にしてください。

      アポ不成立原因

      ・物件内部起因
      -常識、世間体、自己イメージとの矛盾や葛藤による不成立
      -感情の揺れ動き、ホルモンバランスによる不成立

      ・物件外部起因
      -親、兄弟姉妹、親友、恋人、学友、同僚、後輩先輩からの助言/アドバイスによる不成立
      -ライバル男性による口説きとの比較による不成立
      -身内の不幸/家庭の事情、転職/休職/復職、金銭トラブル、試験、人災/天災起因による不成立

  3. たくや より:

    凄腕ナンパ師ですね。
    1日どのくらい声かけするんでしょうか。
    なかなかぅまくいかないので、
    参考にさせてください。

    • チバ より:

      仕事終わりの際は1声かけで帰宅したりしますが、
      粘る時は30声かけくらいします。
      ながらが多いので気分次第です。

  4. たくや より:

    凄腕ナンパ師ですね。
    1日どのくらい声かけするんでしょうか?
    なかなか上手くいかないので参考にさせてください。

  5. パシフィコ より:

    チバさん

    更新楽しみにしてました。お盆もしっかり活動されてたんですね!さすがです。僕は初めて即ができてルンルンでしたが、チバさんの話は異次元すぎてもっと頑張らなきゃと思わされました。ありがとうございます。

    最近、1つ悩みなんですが電話番号やLINEが死に番になってしまうことが多いです。和みが足りないのでは、と思っています。チバさん死に番にならない様に和みの部分で心がけていることがございましたら、ご教授頂きたいです。僕も美女を口説けるようになりたいです。名古屋にはなかなか美女はいないのですが、それでも自分が納得が行く人を落とせる様に成長したいです。

    ご教授、どうぞよろしくお願いします!

    • チバ より:

      即おめでとうございます。

      >死に番になってしまう
      これまで以上になごみましょう。今後の約束はできたか?次に行くお店の仮決めはできたか?番号は女性から聞かせる形にできたか?電話派かメール派かは聞いたか?連絡のつきやすい時間帯はヒアリングできたか?など、これらのヒアリング事項を確実にこなしましょう。

      応援しています。

  6. パシフィコ より:

    チバさん

    お返事ありがとうございます。ふと振り返ってみましたが、即できた時に比べて圧倒的に和めてません。相手の待ち合わせ相手が来てしまうのでは無いかや、相手の都合を気にするあまり会話の内容がつまらないものになってしまっていることに気づきました。相手に臆することなく自分のペースで話ができるようになりたいです。

    相手に連絡先を聞かれるなんてこと、めったに無いんですが…何かコツ、ありますか??
    何度もすみません。。

    ミスター.チバチルドレンになりたいです…(´・_・`)

    • チバ より:

      連絡先を聞かせるように仕向けることです。
      具体的には、次回アポの約束を取り付けたら「連絡どうするの?」と聞く、
      さよならを告げた後、自分のケータイを差し出して、一言「はい」と言う、
      などのトークを使い、構図として女性から番号を聞いているような形に持っていくことです。
      けっしてこちらから連絡先を懇願する構図を取らないことがコツです。

  7. まいける より:

    ご返信ありがとうございます!
    参考にして頑張ってみますね。

  8. パシフィコ より:

    チバさん

    お返事、ありがとうございます。
    やはり連絡先を教えて欲しいというスタンスになってしまっていました。付属品としての連絡先交換。というスタンスでいきます!
    ありがとうございます。
    今後ともよろしくお願いします。