【257号】Y.F様「誠実さ(真面目さ)は人生の損でしょうか?」


—-

■【新宿ナンパ大戦争メールマガジン:「大戦争マガジン」+「大戦争マガジン5DAYS」+「美女ナンパスキームPDF」】
https://chi-magazine.com/mail/forms.html

※登録にはメールアドレスとニックネームが必要です
※メールが届かない場合が非常に多いため、キャリアメール、iCloudメールはお控え下さい(Gmailが推奨です。確実に届きます)

—-


件名: 【257号】Y.F様「誠実さ(真面目さ)は人生の損でしょうか?」



こんにちは。チバです。


もう11月、来月はクリスマスです。
明日からまた仕事、週の始まりになりますが、


年末、という視点で自分を振り返ることが必要な時期でもあります。


私個人としては、毎週日曜日は振り返りの日として設定しています。
夜は女性とも過ごさず、ひとりゆっくりと考え事をする予定です。


さて、本日も皆様からのご質問にお答えしていきます!



■読者の皆様からのご質問


—-

タイトル:【チバ様へ質問】誠実さ(真面目さ)は人生の損でしょうか?

チバ様

お問い合わせメールから失礼します。
Y.Fと申します。

恋愛ではなく仕事に関して質問させてもらえませんでしょうか。

自分は仕事において、誠実さ(真面目さ)という殻を破れずに苦しんでいる気がします。

お金が欲しい、認められたいという欲望は大いにありつつ、
一方で、短期の利益や評価よりも、中長期のお金にならない顧客の要望や信頼を優先してしまう、上司の評価軸ではない組織改善活動に奔走するなどしてしまい、
結局自分が消耗するだけになってしまいます。
当たり前ですが評価もされずに被害妄想的にもなってしまいます。

誠実さと書いていますが、自分のエゴや自己満足で勝手にやってるとも思います。

実は過去には恋愛でも似たような悩みに陥り、「女は男を見る目がない!怒」と非モテらしく苦しみましたが、ナンパと出会い、恋愛の方は殻を破ることができました。

ナンパのマインドセットをうまく仕事に生かそうとしていますが、また誠実さ(真面目さ)が邪魔をして、いまいち変換がうまく出来ず苦しんでおります。

ナンパを極めておられるチバ様に、仕事や人生における誠実さ(真面目さ)の使いこなし方をアドバイスいただけませんでしょうか。

取り止めもない文章ですみません。

転職面接において、「真面目さは伝わったけど、話に抑揚がなくて気持ちが伝わりにくい」という理由で不合格を受け、自分の性格と世の中のあり方に少し悩んでおります。

誠実さは人生の損なのでしょうか。

何卒よろしくお願いいたします。

Y.F


(中略)


チバ様

こんにちは。以前に誠実さについて質問させてもらったY.Fと申します。

先日は取り止めもない質問で失礼しました。
その後も考えて行動した結果、自分なりの答えがほんの少しだけ見えてきました。

やはり仕事でも誠実さの一方的な押し付けは誰にも求められないばかりか、自己の勝手な不満のみ募っていくと痛感しました。

チバ様が最高の女性を求めて自己を高め、行動し続ける姿のかっこよさ、潔さには感服します。

人間の根本に備わる、自分の欲望と他者の欲望を包含しつつ昇華していくようなナンパというジャンルは、英語でピックアップアーティストと言われるよう、芸術でもあるのかと感じました。

恋愛ではなく仕事という観点で、引き続きチバ様の物事に向き合う姿勢から学ばせていただきます。

Y.F


—-


ご質問ありがとうございます。
今回のご質問は、仕事だけではなく、恋愛にも活かせるトピックですので、
メルマガにてシェアさせていただきます。


>誠実さ(真面目さ)は人生の損でしょうか?


結論から申し上げますと、誠実であること、
真面目であることは損ではないです。


むしろ武器だと考えています。


真面目さという武器に加えて、第三者的視点、鳥瞰的視点を取り入れることで、
誠実さや真面目さを最大限活かして人生を戦っていくことができます。


順を追って解説していきます。



>転職面接において、「真面目さは伝わったけど、話に抑揚がなくて気持ちが伝わりにくい」という理由で不合格を受け、自分の性格と世の中のあり方に少し悩んでおります。


まず、面接時の断り文句については、相手も本当のことを言う義務も義理もないため、
角の立たないもっともらしい理由を言っているだけに過ぎません。
そのため一切気にする必要はありません。


また、真面目、という表現や評判、評価も、
業界によってはプラスの意味であることもありますし、
マイナスの意味になることもあります。


例えば芸術というひとつの分野でも、
真面目な表現は評価されないこともありますし、
真面目に作品を作り続けるその姿勢が一番の評価ポイントになることもあります。


つまり、真面目であることが良いか悪いかは、
業界によっても、分野によっても、時代によっても、作品によっても、
全部異なってくるのです。


大切なポイントは、自分の真面目さを活かすような、プロデューサー的な視点を持つことです。


つまり自分を客観視、鳥瞰しながら自分の特性を把握し、
真面目さという武器をどこで発揮するか、どこで発揮しないかをコントロールすることです。


真面目さや誠実さが武器であると言った理由は、
どの分野でも、結果を出すためにはどこかで真面目さが必要になるからです。


例えばナンパ活動でも、初心者は必ず真面目に声掛けの反復練習をしなければならないフェーズというものがあり、


ここをサボってしまう人と、真面目に声掛けを頑張る人では、
その後の伸び代が全然違います。


また、声掛けはかなりの精神負荷がかかりますが、
ここを乗り切れるかどうかは、やはりある程度のスポーツ根性的真面目さ、
受験勉強をしっかりと頑張るような真面目さが必要になります。


上記の真面目さ、食らいつく力がない場合、まずはそこから訓練する必要があります。
しかし真面目な方は、その特性を元々持っている場合が多く、
方向性をきちんと正しい方向に向ければぐんぐん成長していく傾向にあります。



一方で、真面目さは時として不利に働くこともあり、
例えば恋愛にしても、ラインの文面の書き方に異様に真面目にこだわってしまい、


相手が投げかけてきたトピックに全部きちんと返したり、
超長文を真面目に送ってしまってキモいライン製造機になる結果になることもあります。


いわゆる真面目、と言われる人の特徴は、上記したような、
客観的視点、自分自身を上手く活かそうとするプロデューサー的視点が弱いケースが多いです。


真面目な人の強みは、打ち込み頑張る力があることです。
逆に弱みは、変な方向に頑張ってしまうことがあることです。


そのため、自分の真面目さを知り、そしてそのパワーをどこに上手く配置しようか、
活かそうか、と考える第三者の視点を手に入れると、
真面目な人は相当なポテンシャルを持った人物に変わります。



>一方で、短期の利益や評価よりも、中長期のお金にならない顧客の要望や信頼を優先してしまう、上司の評価軸ではない組織改善活動に奔走するなどしてしまい、
結局自分が消耗するだけになってしまいます。


職場や業界によって事情が異なるため一概には言えませんが、
自分が部下である場合、上司の評価を最大化する行動が基本的には努力の適切な方向性になります。
(例外は山程あります)


あるいは今後独立を考えている場合は、また別の行動が一番最適な行動になりますし、
「上司の上司」をターゲットにした戦略・戦術なども多々あります。


ですので、目の前の仕事を真面目に頑張るだけでは、全体的に損をすることが多いです。
第三者の視点、鳥瞰的視点を持ちつつ、何が一番大事で、どこに力を入れるかを考えることで、
真面目さはよりブーストされ力を発揮してくれます。



>恋愛の分野においての真面目さについて


女性に対する真面目さは報われないことがほとんどです。


なぜなら、恋愛は「真面目か、真面目じゃないか」で判断される分野ではなく、
「魅力的か、魅力的じゃないか」で判断されるからです。


魅力的であれば、女性が常日頃から寄ってきますし、
こちらがどんなに不真面目でも、相手からすり寄ってきます。


したがって、いわゆる真面目な人は、
対女性の場合は真面目さを女性には向けず、
自分を魅力的にする方向に向けるのが良いです。


魅力とは、自信です。
自信とは、多くの場合経験によって裏付けされます。


大筋の戦略として、多くの女性経験を獲得できる方向に真面目さを向けるのです。
日々数多くの声掛け、数多くのアポをこなせる状況を作り出すのです。


日々女性とアポをし、会話をし、打診をしてギリギリのせめぎ合いをします。
そうして生身の女性と日々真面目に戦闘していたら、どれだけ女性慣れするかは想像に難くないでしょう。


まだ経験が浅いのに、ひとりの女性に固執し、ラインに一喜一憂し、
連絡がないことを嘆き、もうこれ以上の女性とは出会うことはできないと涙をこぼし、
部屋でひとりうずくまって動かない。


こんな風になる男性と、断られてもめげずにめげずに女性を日々口説き続ける男性。
鍛え上げられた、贅肉のない、引き締まった対女性百戦錬磨の男性。


どちらが魅力的かは、明らかです。


ぜひそういう男性になりましょう。
そういう男性になるために、自分の真面目さを使いましょう。



>誠実さは人生の損なのでしょうか。


再度の結論ですが、損ではないです。


ただ、方向を間違えると損になることが多いため、
客観的視点、第三者的視点、鳥瞰的視点をご自身に取り入れ、
自分の真面目さを上手く活用するようにしてください。


Y.F様、お便りありがとうございました。


またのお便り、お待ちしております。


それでは、またブログかメルマガにて!



チバ



—-


■【新宿ナンパ大戦争メールマガジン:「大戦争マガジン」+「大戦争マガジン5DAYS」+「美女ナンパスキームPDF」】
https://chi-magazine.com/mail/forms.html

※登録にはメールアドレスとニックネームが必要です
※メールが届かない場合が非常に多いため、キャリアメール、iCloudメールはお控え下さい(Gmailが推奨です。確実に届きます)

—-


◆PDF配布「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF」

◆チバのメールマガジン

メールマガジンにて
読者の皆様と情報共有し、
ともに切磋琢磨しております。

250通以上のバックナンバーを共有しており、ご登録時にノウハウPDF
「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF(41P)」
を配布しております。

【チバの大戦争マガジン 5デイズ】
https://chi-magazine.com/mail/forms.html

※登録にはメールアドレスとニックネームが必要です

※Gmailは確実にメールが届くため強くおすすめします。キャリアメール(ドコモ、AU、SB)の場合はPCからの受信許可の設定後にご登録下さい。(現在iCloudメールには届きません。別のメールアドレスをご登録下さい)

【バックナンバー&読者の皆様からのご感想】
https://nanpawars-blog.net/post-965

◆今週のピックアップ記事