一般人の友人と致命的に話が合わないことについて


自分はかなり極端に裏と表を分けている。
表の生活と、裏の生活を完全に分断している。


完全に徹底しているが、そうなると当然「表」の活動のときに、
普通の恋愛話をすることになる。


先日そういう機会があった。
どうやって彼女を作ろうとか、それ以外にちょっとゲスな話とか。


全く世界が違うんだな、と思ってしまった。


それは、自分のほうが凄い、とか、そういう考えで友人たちをけなしているわけではない。


そうではなく、ただ、違うんだ、と思った。
思って、少し寂しく感じた。



共感されない世界を持ってしまっていることは、寂しいことだと感じた。
確かに昔は仲間がいた。
沢山いたし、この世界のことを毎日楽しく話し合っていた。


もちろんその仲間とはまだ連絡をする仲で。
未だに友人関係を続けることが出来ているし、それに感謝をしている。


それでも、やはり一般的に見たらマイノリティなのだ。
こんなことをしている人は少ないのだ。


得られるものはとんでもない。
昔じゃ考えられないことだ。
こんなに好き勝手できるなんて、普通じゃほぼ不可能だ。
裏だからこそ出来ていること。


一般人(ここで言う非スト師)の友人たちのことは大好きだ。
付き合いも長いし、思い出話はいつも楽しい。


けど、勝手に疎外感を感じてしまっていて。
自分だけチートを使ってしまっているような感覚。
しかもそれを黙っていて、適当に話を合わせてしまっていること。


もちろん自分が巻いた種だし、好きを追求したらここまで来てしまったので、
後悔などはないが。


ただ、少し寂しく感じた。
寂しさを感じた。


昔の仲間はもちろんまだいるが、
スト熱という意味では、もうかなり差があることは自分は分かっている。
感じている。


俺はソロスト師だ、ソロストこそ至高、と何度も宣言して、
ずっとソロストをやってきて。


それでもって寂しいとか、本音を言う人がいないとか、
どれだけ自分勝手で自業自得か、
と自分でも思うし、そう思われて当然だと思う。


ただやっぱり、そういうふうに思ってしまった。
感じてしまった。


だからと言って一般人の友人たちには話せない。


どちらが優れているとか、どちらかをけなすとかではなく、
ただ文字通り、すべてが異なってしまっているから。



◆PDF配布「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF」

◆チバのメールマガジン

メールマガジンにて
読者の皆様と情報共有し、
ともに切磋琢磨しております。

237通以上のバックナンバーを共有しており、ご登録時にノウハウPDF
「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF(41P)」
を配布しております。

【チバの大戦争マガジン 5デイズ】
https://chi-magazine.com/mail/forms.html

※登録にはメールアドレスとニックネームが必要です

※Gmailは確実にメールが届くため強くおすすめします。キャリアメール(ドコモ、AU、SB)の場合はPCからの受信許可の設定後にご登録下さい。(現在iCloudメールには届きません。別のメールアドレスをご登録下さい)

【バックナンバー&読者の皆様からのご感想】
https://nanpawars-blog.net/post-965

◆今週のピックアップ記事

コメント

  1. 太らない体  より:

    いつも楽しく見させてもらってます。
    めっちゃ同感です。っても自分は連れ出し数回程度のショボ腕なんですが。

    職場によくいるチャラい男にすら、ナンパの話はしにくいですね。
    妬まれて変な噂立てられても嫌ですし。
    その点、女性は連れ出された経験ある人もいるだろうから、
    まだ女性の方が理解してくれそうな気がします。

  2. この世界のカイロレン より:

    自分は副業で、同世代の一般会社員の友人の年収に相当する金額を、1か月で稼いだりするようになったが、昔からの友人には完全に伏せているし、金のかかる余暇の過ごし方についても話さないようにしている

    彼らと一緒にいるときはとても楽しいけれど、しかし少し寂しい

  3. チバ より:

    >太らないさん
    女性も興味深く聞いてくる人もいますが、理解と共感とはまた別種のものであることが多いです。

    >この世界のカイロレンさん
    そう思います。