アウターの下が真っ赤なニットだと非常にドキドキする/IT関連女子ナンパ。4次元の彼女


某日


仕事帰りの新宿西口ロータリーあたりで声掛けした女性とアポ。
ストリートミュージシャンが歌ってるのを見ていたので、シチュエーションナンパした。


たまによくやる手法。



「あの人外見からは想像できないくらい歌うまかったよね笑」

『ほんと上手かったです笑 私あの後SNS探しちゃいました笑』


一軒目で隣り合わせに座る。
二十代中盤の某IT企業勤務の彼女。
胸まであるロングヘアをまとめている。



この時点で彼女は白いアウターを着ていた。
前のボタンを止めていたが、その下に赤い服を着ていて、
その差し色がめちゃくちゃオシャレだな、と思っていた。


一杯ずつ飲んで、ちょっと速いペースで二杯目に。
社内恋愛についての話が盛り上がったり、


「同じコミュニティで付き合う派か・同じコミュニティでは付き合わない派か」
みたいな話題がめっちゃ盛り上がって、
話がすごい弾んで、喋りすぎて顔が熱くなってきた。

(もちろん話す量はこちらが多くなりすぎないように調整してる)


彼女『あー面白い笑 ちょっとお手洗いいってきます!』


なんて彼女が席を外す。
バッグも一緒に持っていったのが少し気になる。
彼女がお手洗い言ってる間にスマホで時間を確認。
全然時間が経ってない。
かなり濃密な時間。


で、彼女が戻ってくる。
彼女が席に座って、一呼吸置いて、
こちらを見る。
頬杖をつきながらにこっと彼女が笑う。


化粧を直してきた。


ほんのり赤いチーク。
ちょっと強めの赤い口紅。


そして。


彼女『なんか暑い~』


手をパタパタさせながら彼女はそう言って。
まず彼女はまとめていた髪をほどいた。
ばさっと、胸まである髪が広がった。
艶っぽかった。


そしておもむろに。
彼女は。
白アウターを脱ぎだす。


その下。
真っ赤なニット。


ドキッとした。


派手な色の赤のニット。
彼女の身体のラインがよく分かるニット。


決して大きいカップではないが、ラインがよく分かる。
そしてくびれ。
見事なクビレ。


思わず目が泳ぐ。


彼女がカクテルに手を伸ばす。
一口飲んで。
はあ、と息を吐いて。
こちらを見て。


彼女『えへへ』



やられた。
一発ノックアウト。


いつもは冷静を装うけど。


たぶんこちらの顔は思わずニヤけてしまっていた。



ここから全力の盛り上げタイム。
二軒目移動して。
鬼のなごみ。


鬼のなごみ!
彼女の元カレだという、自称?(何だかよく分からなかったが)IT事業家と一緒に行った高級旅館の話を聞きながら、
内心は嫉妬に悶絶しながらも、リコール追体験により気分を盛り上げていく。


さあこちらの番。いままで付き合ってきた女性の話。
さらりと。嫌味なく。究極までドヤ感を消して。
強い球を投げていく。


嫉妬を感じさせたい。どうか刺さってほしい。


彼女の表情からはそれは読み取れなかった。


だが、退店して新宿の夜道を歩く時。



すっ



彼女の腕が絡む音。




っっっっっっっし!!!!!!!!



無表情下で強烈なガッツポーズ。



つつがなくタクシーへ。


自宅イン。


ノーグダ。



準即。




何度も繰り返しになるが、
美人は、どの角度から見ても美人だ。


美人はどこから見ても崩れない。
横から見ても、下から見ても、上から見ても。
X座標、Y座標、Z座標。
崩れない。


さらには、時間軸。

T!
時間の流れ!


時間座標、T!


つまりいつ見ても、美人は美人なのだ。
朝見ても、夜見ても。
夜中に見ても美人。


彼女は4次元で美しかった。



つまり四次元美女。
これは流行るか。



2時頃までイチャイチャして、彼女は都心の家にタクシーで帰っていった。



思ったこと。


盛り上げ大事。



何でもそう。
盛り上げは大事。


音楽でもイントロから始まり、徐々に上がっていって、サビを迎える。


料理もそう。前菜から始まり、徐々に盛り上がり、メインディッシュへと到達する。



そして男女関係も。



ナンパもそう。最初に出会ってからの連絡先交換。


首の皮一枚でしかない二人の関係。ラインでぎりぎり繋いでいく。


そして念願のアポ。一緒に一杯目を飲む時間。
当たり障りのない会話という前菜。
徐々に盛り上がり、楽しくなり。


おしゃべりがはずみ、止まらなくなり、
顔が熱くなり。


彼女がアウターを脱ぐ。


その時の色が赤!
無限にある色の中で、赤!


最も目立つ色。もっとも人間が興奮する色。RED。


それを彼女はチョイスした。
あのタイミングで見せてきた。


ドキドキせざるを得なかった。


ピロートークで、なんで今日のテーマカラー赤なの?みたいに聞いたが、
『なんとなく♪』みたいに、普通にはぐらかされた。


一流のマジシャンは最後までネタバラシをしない。
彼女は魔法使いだ。多分どんな時も最後のときまでネタはバラさないだろう。


ミステリアスこそが魅力だということを、熟知している。


惹かれるし、そそられる。
追いたくなる。


本当に魅力的な女性。



いちおう次会う約束はしているが、
気は抜けない。


アポ場所を変えてまたアポの時のように攻めるつもり。
まだ雑になるべき段階ではないと思っている。



もはやこう考えている時点で気後れしてしまっているし、
こちらがコントロールされている。


元彼がめちゃくちゃハイスペックだったし、もう一流レストランなんて行き尽くしている彼女。
どうすればいいか。


そんなことを考えさせてくる時点で、彼女はやり手だし、こちらはやられている。


いつも自分が使ってるテクニックじゃないか。
ああ、こうやって効いてくるんだな。
なんてメタな立場になろうとするけど、明らかにこちらが劣勢。


考え過ぎは本当に良くないけど、彼女が頭をどんどん支配してくる。


もはや風邪のよう。
風邪をひくと辛い。
なのに何回もかかる。


治るとケロッとするのに、
またかかる。何度もかかる。


永久には続かないことは知っている。
でもかかってるときはほんとつらい。
何もできなくなるし、もう一日中つらくてたまらない。


そんな感じ。


唯一の特効薬は時間しかない。
時間座標T。


これを味わいながら、時が経つのをただ待つしかない。


恋は熱病だとよく言ったものだし、
本当に的を射た言葉だなと思う。






◆PDF配布「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF」

◆チバのメールマガジン

メールマガジンにて
読者の皆様と情報共有し、
ともに切磋琢磨しております。

193通以上のバックナンバーを共有しており、ご登録時にノウハウPDF
「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF(41P)」
を配布しております。

【チバの大戦争マガジン 5デイズ】
https://nanpawars-blog.net/c-mail-forms

※登録にはメールアドレスとニックネームが必要です

※Gmailは確実にメールが届くため強くおすすめします。それ以外は不達が多いため、キャリアメール・Yahooメールの場合は迷惑メールフォルダを一度ご確認下さい(現在iCloudメールには届きません。別のメールアドレスをご登録下さい)

【バックナンバー&読者の皆様からのご感想】
https://nanpawars-blog.net/post-965

◆今週のピックアップ記事

コメント

  1. 匿名 より:

    これほどまでに美女をゲットしているチバさんが絶賛するなんて
    よっぽどなんでしょうね笑

  2. チバ より:

    >匿名さん
    女性は顔面だけでなく、しぐさ、表情、声、話し方、そして状況によっても良さが変わります。
    逆もしかり、高級料理をタッパーで出されたら興ざめするように。
    今回はどんぴしゃでした。

  3. フレデリック より:

    興奮が伝わってきます!最高ですね
    ありありと想像できて、こちらも居ても立ってもいられなくなりました笑

    • チバ より:

      フレデリックさん
      赤ニットは興奮しました。キラーアイテムだと思います。