とあるクラバー女子との数日間/21歳小顔女子大生ナンパ #2


とあるクラバー女子との数日間/21歳小顔女子大生ナンパ #1


次の日。


休みの日だったが少し早く起きて、
午前中は溜まっていたTO DOをこなす。


午後になって、
ああ、そろそろ起きた頃かな、
と思い、
昨日の旅行子にラインを送る。


ぴろん、と。
すぐ返ってくる。


さすが旅行者。
アクティブ。


この日は夜に別の女性とのアポがあったから、
夕方までにジム行ったり本読んだり、
部屋の片付けしたりと、
ばたばたと過ごした。


旅行子が東京観光の写真を送ってくれるので、
それに返信したりしてちょくちょくラインのやりとりをした。


で、いざ予定していた別の女性とのアポ開始。


六本木勤務の、とあるWEB関係会社勤務のアラサー子。


いつもの店で、いつものように話を振り、
いつものように盛り上げる。


なぜだかあまり盛り上がらなかった。


もちろん、こちらの実力不足もあるのだが、
そんな状況なのに、リカバリーする気が起きない。
気力が湧いてこない。


キラキラした巻き髪のアラサー子。
ネイルもばっちりだし、
バッグもブランド物の良い一品。


二軒目でも、全然こちらに覇気がなかったと思う。


頻繁にトイレに行き、旅行子のラインをチェックする。


かなりの速度でラリーになる。
だがどうでもいい、中身のない他愛の無い話題ばかり。


彼女たちはひとしきり夜の観光をした後、
ホテルに戻って着替えて、またクラブに行くらしい。


そっか。楽しんできてね。


他愛もないラインの応酬。


アポ子との3軒目への移動の際。
もう帰ろうと思った。


「じゃあ、互いに明日朝早いし、そろそろ帰ろっか」

「楽しかったよ」


ギラも無しの、最低のアポの終演。

ナンパ師資格永久剥奪の有体。


どうでもよかった。


さっさと自宅に帰って、
シャワーを浴びて着替えてくつろいだ。


ぴろん、ぴろんと定期的に鳴る通知音。
バイブじゃなくて。
音は鳴る設定のまま。


寝ないで起きていた。


そして、夜中2時ごろ。


旅行子『まだ寝ないの?』

チバ「寝ないよ」

旅行子『眠くないの?』

チバ「眠いよ」

旅行子『私も。眠くなっちゃった』

チバ「踊れば眠気も飛ぶよ」

旅行子『疲れちゃった』

チバ「寝たいの?」

旅行子『うん』


チバ「じゃあ、早くうちにおいでよ」


送信を押す指が少し震えた。


その後、30分後くらい。
到着した彼女をマンションのエントランスに迎えに行く。


自宅へ。彼女とシャワーを浴びて。


自然とキスして。
自然とベッドへ移動して。


そうして、二日目の夜を、
彼女とともに過ごした。



—-



彼女との再開の際は思わず互いに両手を広げて、
外人みたいにハグをしてしまった。


人目が気になるからキスはしないで、
手をつないで、
互いの目を見ながらクスクス笑いながら、
マンションのエントランスへと入っていった。


昨日もたくさんおしゃべりしたけど、
この日は少し内容が違った。
ふたりともより正直に話せたと思う。


本当は会いたいと思っていたこと。
でも、2日連続で会うなんて普通あり得ないし、
そもそも旅行子は友達と一緒に行動している。


それなのにもう一度会おうなんて普通無理だし、
OKしてくれるはずがないって思っていたこと。


それに、実は今日用事があって、
遅くまで飲む予定だったこと。


彼女も、また会うなんてありえないと思っていたこと。
東京のクラブで踊りたい、はじけたいと思って来てるし、
女友達もいるから、
日程的にも無理だって全然思っていた。


それに、昨日やっちゃったのなんて、
ただのワンナイトスタンドで、
一晩限りなだけ。


一晩限りの女が、
相手の男に次の日も会いたい、だなんて絶対言えないし、
そもそもOKしてくれるはずがない、
って思っていたこと。


でも、ラインが返ってくるし、
たまに遅れたりするけど、ちゃんとずーっと返ってくる。


夜になっても、ちょくちょく遅れながらも返ってくるし、
夜中になっても返信が来た。


まさか会えるなんて本当に思っていなかった。



俺もそうだよ。
と、正直にそう思っていたことを伝えた。


まさかクラブに行ってるのに、
しかも旅行最終日なのに、
また二日目もうちに来てくれるなんて思わなかった。


でもさ、ずっとラインしててさ。
もしかすると、これ、もしかするんじゃないか?
うーん、どうなんだ?これ?


って、
そんなこと思いながらも、


でもそんな有り得ないこと提案できなくて、
ただ無難なラインを返し続けてたよ。


そうだったの?笑
そうだったよ笑


一緒じゃん。笑
一緒だよ。笑


なんて話して、
2人で笑い合った。


友達には、別の男にお持ち帰りされたってことにしてるの。

なんで?

だって、旅行に来たのに二晩とも同じ男と過ごしたなんて、そんなの恥ずかしくて言えないもん笑



笑い合いながらも、
自然と深い話もした。


彼女の初体験のこと。
彼女の初体験は遅めで、
初めて付き合った彼とはその後2年ほど続いたものの、


その彼が浮気していることが発覚して、
すごく傷ついたこと。


それで、私も浮気してやろうと思い、
友達に誘われて行ったクラブで一晩限りの関係を経験したら、
それにハマって。


毎週のようにクラブに通うようになり、
刺激的な生活を続けるようになったらしい。


自分が意外なほどセッ○○が好きなことも分かって、
とにかく何回も、長時間に渡ってセッ○○を、
色んな人としまくるようになったらしい。



チバも、初体験のことなど話した。
ある時期までは真面目だったこと。
で、そこから遊び始めたこと。


彼女がカミングアウトしてくれていたから、
現在も多少遊んでいることをある程度話した。
(ナンパのことは言わない。これは女性には絶対に話さないと決めている)


互いに同じような匂いを互いに感じていることが分かった。
そういう男女だから分かるあるあるの話とか、
経験者にしか分からないような機微について、
声を上げて笑いながら話した。


自分が彼女に強く惹かれている感覚も味わった。
その証拠に、深い話をするたびに、
彼女が色々な経験をしていることに胸が苦しい感覚を覚えた。


そういう話題になるたびに、
色んな男とそういうことをしたんだ、
そんな深いことまでしたのか、

と、

胸の痛みを味わうようになった。


今思えば小さい男だと思うが、
仕返しがしたいと思って、
こちらも多少踏み込んだ女性経験のエピソードを返したりした。


ふーんと話を聞く彼女の表情からは、
どう考えているかは
しっかりと読み取れなかった。


多分2時間位話していた。
さっきの話題で火がついてしまって、
彼女とのイチャイチャが激しくなった。


待っていたよ、と言わんばかりに、
彼女がそれを受け入れてくれた。
すでに四回目。


それなのにもの凄く調子が良くて。
萎えることは一瞬もなくて。
本当に調子が良くて。


夏の日の真夜中、汗だくになって。


互いに互いをさらけ出して、
したいことをしてもらい、
して欲しいことをしてあげて。


目を見つめ合って。
激しく動いて。


彼女との、
最後の4回めを終えた。



あっという間に彼女が帰る時間になって。
朝集合しなくちゃいけない時間になって。


急がないと、なんて言いながら準備して、
マンションのエントランス前、タクシーが捕まる大通りへと向かった。



互いに次に会おうなんて言わなかった。
約束なんてしようとしなかった。


互いに分かっていたから。
これっきりだってことを。


互いに分かっていた。
互いに遊び人だってことを。


女を食い散らかしている男と、
クラブに毎週通っている女。


一方は東日本に住んでいて、
一方は西日本に住んでいる。


旅行に全然行かない男。
男に会うためだけに東京になんて行けない、普通の女子大生。



だから、距離的にも、
多分もう二度と会わないし、
会えないってこと。


どうせただの一晩限りだってこと。
いや、たまたまの、二晩。
二晩限りの関係だったってことを。


分かってる。
だから追わない。
諦めてしまっている。


どうせ無理だから。
どうせ約束したって、会えないから。


アラサーで独身フリーのヤリチン男の約束ほど信用できない約束はないし、
毎週お持ち帰りされている21歳クラバー女子の言葉ほど軽い言葉はない。


そんなの分かってた。


でもまた会いたかった。



本当は会いたかった。
彼女に惹かれていた。


また話したいと思っていた。
できることなら、もっと一緒にいたいと思っていた。


したいことはたくさんあった。
デートも行きたいし、
欲を言えば、一泊二日くらいで温泉旅行とか行きたかった。


でも踏み込まなかった。
互いに分かってしまっている。
ああ、この人はこういう人だ。
不特定多数を愛する人だ。
約束をしてはいけない人だ。


誰にでも良い顔をするし、
誰も傷つけようとしない。


また会おうね、って言われたら、
また会おうねって言う人だ。


約束をしてって言われたら、約束をする人だ。
そして、その後に。
相手を傷つけないように、
慎重に、優しく、その約束を無かったことにする人だ。


息を吐くように嘘を言う人。
相手が喜ぶことを言う人。
そういう優しさを持っている人。
二度と会えない優しい人。


遊び人の成れの果て。
遊ぶだけならいいけれど、
決して、踏み込んではいけない人。


そんな男と女。


タクシーに何度も手を振って、
タクシーから何度もバイバイが返ってきた。


見えなくなるまで見送った。
いつまで彼女がこちらを振り返ってくれたのかは、
分からなかった。



彼女とのラインのやりとりはまだ続いている。


ペースは落ちてきているけど、
相変わらずダラダラと他愛もないことをラインし合っている。



正直にいけばいいって話かもしれない。
良いと思うのなら誘えばいい、って話かもしれない。
また会いたいと言えばいい話かもしれない。
会いに行けばいいって話かもしれない。


けど、長年の経験から、
このような人との関係がどうなるかというのは、
だいたい想像がついてしまっている。


本気で踏み込むことでどうなるか。
どうやって、どのような傷を負うのか。


容易に想像がついてしまう。



懸命なリスク回避とも言える。
臆病で情けない行動とも言える。


どちらが良いかなんて分からない。



経験を積んでいなければ、
ブレーキなしに、
猪突猛進にいけたかもしれない。



その方が良かったかもしれないし、


その方が良い場合も、時としてはあるだろうなと沁み沁みと思ってしまう。








◆PDF配布「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF」

◆チバのメールマガジン

メールマガジンにて
読者の皆様と情報共有し、
ともに切磋琢磨しております。

193通以上のバックナンバーを共有しており、ご登録時にノウハウPDF
「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF(41P)」
を配布しております。

【チバの大戦争マガジン 5デイズ】
https://nanpawars-blog.net/c-mail-forms

※登録にはメールアドレスとニックネームが必要です

※Gmailは確実にメールが届くため強くおすすめします。それ以外は不達が多いため、キャリアメール・Yahooメールの場合は迷惑メールフォルダを一度ご確認下さい(現在iCloudメールには届きません。別のメールアドレスをご登録下さい)

【バックナンバー&読者の皆様からのご感想】
https://nanpawars-blog.net/post-965

◆今週のピックアップ記事

コメント

  1. ミッコリ より:

    心のままに生きればいいと思います。
    ブレーキは不要。

  2. しゅう より:

    チバさんにこんなこと言うのは失礼ですが、、、。人生はどれだけの事を経験したかです。
    ぜひ思いのままに進み、成功も失敗も、喜びも悲しみも自分のものにしてください。
    男としてカッコイイと思える。チバさんを応援してます。

  3. ss より:

    人生最後に残るのは経験です。成功も失敗も、喜びも悲しみも、ぜひ自分のものにしてください。
    進みましょう。

  4. チバ より:

    コメントありがとうございます。
    勇気を貰いました。
    もう一度会うための計画を実行します。

  5. ケイアイ より:

    いつも質問させて頂いてすいません

    一重まぶたがコンプレックスの場合、整形するべきだと思いますか?

    しなくても、他の部分を磨けばカバーできますか?
    よろしくお願い致します!

    • チバ より:

      >ケイアイさん
      私はするべきではないと思います。
      整形して二重まぶたの目になったとしても、その後新たに嫌な部分を探してしまうからです。
      髪型、眉毛、表情、姿勢、ふるまい、しぼった筋肉質の体、堂々とした態度、洗練されたトーク、清潔感のあるファッションなど、
      整形以外で努力し改善できる点は沢山あります。
      加○亮など、一重でも色気がありかっこいい人はいます。
      総合的な魅力を上げていきましょう。

  6. ケイアイ より:

    わかりました!
    丁寧な回答を本当にありがとうございました!
    日々努力していきます

    ちなみに薄毛になったらどうしたらいいですか?
    私はまだ25なのでまだですが、30を越えたら危なそうです

  7. チバ より:

    い○だ○成のように、ハゲが進行していてもモテモテな男性はいます。
    ある程度までは髪型で隠し、かなり進行した場合は坊主にして、その他の肉体などを徹底的に磨いてくと良いはずです。

    ク○ント・イー○トウッドなどもやはりはげていてもかっこいいです。
    年齢とともに渋さ、魅力で口説いていくやり方にシフトしていくのが最も良いスタイルとなります。

  8. ケイアイ より:

    わかりました!
    本当にありがとうございました!

  9. ピタゴラ より:

    こんにちは。
    いつもためになる記事ありがとうございます。

    ひとつお聞きしたいのですが文中にあった
    ナンパの事は絶対に女の子に言わない、
    というのはどういう理由からなのでしょうか。

    他の遊びは言えるけどそこだけは言えない(言わない方がいい)のは何故でしょうか。

    よろしくお願いします。

    • チバ より:

      ピタゴラさん
      学園祭でナンパしたことある、などであれば良いですが、
      日常的に路上でナンパしてる、と言うのは女性の理解の範疇を超えてしまいます。
      たとえその女性が理解を示してくれても、女性の友達がその話を聞いた時に何か言ってきます。
      不必要な言い争いやトラブルを避けるために私は言いません。

      • 匿名 より:

        チバさん

        お返事ありがとうございます。

        たまにノリの良い子で男遊びしてるとか言う話をしてくるとこちらも日常的にナンパをしていることを話して良い気になりますが第三者の事まで考えが及びませんでした。

        リスク管理の面でも参考になります。
        これからも楽しみにしています。