週末ナンパ/今年初の朝花見/素敵なキャラクターの彼女


最高のコンディションの週末だと、
3即4即目指すみたいなテンションで出るのだけれども、
結局1即でそのままその子と朝を迎えることになってる。


天気が悪い日が続いてたから、この朝の爽やかさが素晴らしすぎる。
この季節の朝は本当に心の底から気持ちが良い。


近所に自分のお気に入りの花見スポットがあって、
ネットとかで紹介されるレベルでも全然無いし話題にもなってないようなところなのだけれども、
個人的に最高だと思う場所があって、さっきまでそこを二人で歩いてきた。


こういうのは普通彼女とかステディとかと来るのだろうけど、
自分はいつも毎回別の子と来てしまう。
女の子によって反応が違うし、それによって景色も変わるから、というのが理由なのだけれども。
多分それは後付けの理由で、
本当は何の理由もなくそういうのが好きな性質なだけなんだと思っている。


確かに新宿御苑も良いのだけれども。
誰にでもオープンになっている、というのがどうも好きじゃないのかも知れない。
誰も知らないとか、二人だけが知ってるとか、そういうのが好き。


で、某週末の話に繋がる。


昼は天使物件狙いで昼ナンパしてラインゲット重ねて、
日々の疲れが溜まっていたのでちょっとだけ仮眠とって、
色々ドタバタして、


結局街に出れたのは21時頃。
結果的にそれが良かったのかもしれない。


新宿はもう人がごっちゃごちゃで、
春のこの時期は物凄い数の飲み会が開催されていてさながらお祭り騒ぎで。


で、気分的にD生をノリでナンパして数即弾丸ゲット、、みたいな気分に全然なれなかったので、自然とOLっぽい子を探していた。


30分くらいでちょうど30才くらいのお姉さんを連れ出したのだけれども、
未来を感じることが出来ず放流。


で、その後結局即系っぽいD生を連れ出したのだけれども、
なんとその後予定あるを連呼されすぐ解散。


結構つらい状況が続く。


流れが悪い日があるのは知ってるけど、若干雲行きが怪しい。
すでに23時ごろになってしまっていて。
結構青ざめ始めていたその時。


超早足で駅に向かってるスーツ姿の子を発見。
こっちも超早足で追いかけながら、声を掛ける。


無視。でも並行トークを続ける。
「何でそんな急いでるの?!」という答えをとにかく貰おうとしていた。


多少会話のラリーが発生したので、「そんな急いでないで俺とゆっくり飲み行こうよ?」的な趣旨のことをバーっと喋ってたのだが、


するとぴたっと。


彼女が止まって。


息を鎮めながら。
ちらりとこっちを見ながら。


『飲み行っちゃう?』


と、困ったような、いやふざけたような顔で、
返答してきた。


彼女はめちゃくちゃギャグセンが高い子で、
連れ出し先でも終始笑わせられまくっていた。


彼女は人材系の仕事をしてたので、今日も仕事。
で、仕事仲間と飲んでいて、こんな時間になってしまって、
終電まで必死に走っていたという。


家がかなり遠いらしく、早く引っ越しをしたいが、
仕事が忙しくて後回しになってしまっているといっていた。
チバが新宿に住んでいることを話したら、もの凄く羨ましがってた。


「じゃあ、うち来てみる?笑」なんて、この話の流れでは絶対に言わない。
ふざけた感じで下心をチョイ出しする作戦は絶対にNGだ。
それは関係構築ステップが終わってから。
ボディタッチが済んでから。


性的興奮を促してから、初めて下心を出して良い。
鉄の掟は絶対に守る。


どんなギャンブルにだって、
ベーシックストラテジーがある。
負けないためには基本戦略通りにプレーすること。
感情に左右されないこと。


一軒目で盛り上げてから、せっかくなのでいつも3軒目の店として使用する、
とっておきのバーに彼女を連れ出した。


もう夜中。そこでしっとりと口説いていく。
気の利いた会話、気の利いた質問、
そしてロマンティックな雰囲気と近い距離。


で、即の流れを確信して、自宅へと連れ出し。
彼女はギャグセンが高いのではなかった。
空気を読むのが上手かった。
上手いと言うか、そもそも作り出すのが上手かった。


服を脱がせていたら、すっと手でそれを制してきて、
目線をこちらに向けたまま、自分で服を脱ぎ始めた。


目線はずっと外さない。
そのまま、シャツを脱ぎ、ブラを外していく。


もうたまらなかった。



行為後はずっとピロートークして、
気付いたら寝ていて、
さしてくる朝日が眩しくてそれで起きた。


で、「花見行こうよ!」と彼女を促す。
化粧がー、髪の毛がー、という彼女をなだめて、
一旦シャワー浴びて彼女にマスクをあげてから、
二人で外出してチバの秘密の花見スポットへ。


もちろん朝だから誰もいない。
けど天気は良くて桜は良い感じで。


彼女と手を繋いで、笑いながら桜並木を歩いた。


彼女とは先程バイバイして、今はパソコンに向かっている。
彼女の笑顔は本当に素敵だった。
彼女のキャラクターも本当に好きだった。


でも何で彼女を彼女にしないのかと聞かれると、
本当に困ってしまう。


どうしても答えろと言われれば色々なことが言える。
まずは体の相性をだとか、欧米では告白の文化は、とか、そもそも石器時代は、とか、男女の性戦略の相違だとか、、


即興でべらべらと答えることは出来る。


でも本当の意味で何故なのかは本当に分からない。


そもそも本当の意味という意味も良くわからない。


どうしてこういう風になったのかも、
自分でもよく分かっていない。












◆PDF配布「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF」

◆チバのメールマガジン

メールマガジンにて
読者の皆様と情報共有し、
ともに切磋琢磨しております。

182通以上のバックナンバーを共有しており、ご登録時にノウハウPDF
「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF(41P)」
を配布しております。

【チバの大戦争マガジン 5デイズ】
https://nanpawars-blog.net/c-mail-forms

※登録にはメールアドレスとニックネームが必要です

※Gmailを強くおすすめします。それ以外は不達が多いため、キャリアメール・Yahooメールの場合は迷惑メールフォルダを一度ご確認下さい(現在iCloudメールには届きません。別のメールアドレスをご登録下さい)

【バックナンバー&読者の皆様からのご感想】
https://nanpawars-blog.net/post-965

◆今週のピックアップ記事

◆今週のピックアップ記事

・即系物件 巨○のナース +くまのさんのツイート記事と考察
https://nanpawars-blog.net/post-1991

コメント

  1. Umaru より:

    「でも本当の意味で何故なのかは本当に分からない。」という言葉が響きました。ここまで日々内省されているチバさんでもわからないんだなと。更新、楽しみにしております。

  2. チバ より:

    >Umaruさん
    ありがとうございます。

  3. ogshn より:

    初コメント失礼します。なんでチバさんが彼女を作らないのかずっと疑問に思っていました。私が理解できる範疇を超えているのかもしれませんが、高スペック女子を常に相手にしているとさらに上を上をと、どんどん相手のスペックのハードルが上がっていくということなんですかね。

    • チバ より:

      >ogshn
      そうかもしれません。
      いつか終わるとは思っていますが。