嫉妬について


ナンパをしていると、猛烈に嫉妬に駆られることがある。


ナンパした女の子と話してると出てくる登場人物に対して。

たとえば女の子の彼氏だったり、
女の子のイケメンのセフレだったり、
女の子の金持ちイケイケ起業家のパパだったり。


自分以外とがっつり行為をしている相手がいることが分かったり、
しかも自分が天秤にかけられていて、若干負けていることが分かったりしたり。
バーでなごんで恋愛トークを引き出したら、元カレのスペックが死ぬほどハイスペックだったり。


結構、女の子と関係を持つ男性に、嫉妬心が芽生えやすいもの。


自分はこの嫉妬心に悩まされてきたりもしたし、
逆に嫉妬心を利用して女の子を口説いたり、
この感情とは長く付き合ってきたけれども。



結論。
嫉妬は上手くコントロールして利用すべし。




まず嫉妬心は、男であればどうしても湧き出てしまうものだということを理解する。


人間の感情にはかならずその存在理由がある。
人間のオスは、進化の過程で嫉妬心というものを獲得してきた。


太古の昔はDNA鑑定なんて無かったから、
男性は、今連れ添ってる女性のお腹の子供が、自分の子供なのか判断がつかなかった。


だからオスは、自分の女性に近づいてくる他の男性を非常に警戒した。
女性を独占し、束縛し、行為の可能性をできるだけ低くした。
そうしないと他のオスが気づかぬうちに種を植え付けてしまうから。

※ちなみに女性は、どのオスの種でも生まれてくる子供は自分のDNAが50%入ってるから、ぶっちゃけ種はどうでもいい。問題はちゃんと育ててくれる人がいるかどうかだけ


もちろん、オスの中には、全然嫉妬しないし、他の男性が近づくことを警戒しないオスもいた。
けど、そういうオスは、長い進化の過程で絶滅した。
なぜなら、長い年月を経ると、嫉妬心の強いオスのほうが多く子孫を残していけるから。


という歴史を経て、現代の我々は、嫉妬心の強いオスの子孫だということ。
なので、嫉妬心は、どうしても出てきてしまう。
それ自体を否定することはできない。


では、仕方がないからといって、
嫉妬心を女性の前で見せてよいのだろうか?


いけない。


女性の前では、嫉妬は見せてはいけない。



女性の前で嫉妬心を見せると、器の小さい男性だと思われる。
自信がなく、おどおどした男性だというレッテルを貼られる。


逆に言うと、基本的に男は嫉妬心を出してしまうし、
そういう話題になると狼狽するもの。


なので、ナンパ師は女性の前で絶対に嫉妬心を表さない。


『元カレはxxなの』と言われても、
へえー、そうなんだ、いいね、
くらいの相槌で終わらす。


『最近会ってる人で、xxx、、』と自慢されても、
お、いいね!○○モテモテじゃん、
くらいで終わらす。


普通の男がすることは、ナンパ師は絶対にしてはいけない。


逆に、「嫉妬する、しない」という話題でトークをすすめる。
そして、『チバさんは嫉妬とかしないんですか?』みたいなことを聞かせる。


それに対して、「うーん、人によるかな。する人としない人、かなりはっきりするかも」
と言っておく。


『え、じゃあ私には嫉妬するんですかー?笑』

みたいなこと聞かれたら、

「うーん、、(わざとらしく長考)」

「どうかな笑」

とか言ってはぐらかしておく。


で、これが後々のギラの時の大きな伏線になる。


その後は嫉妬のしの字も見せないくらいクールに装っておいて。
二軒目くらいで、口説きモードに入って、
ここぞ!って落としにかかるときに、


「さっき嫉妬の話ししたじゃん」
「その時、○○が他の男といることちょっと想像したんだけど」

「俺、嫌だわ」
「俺、○○が他の男と一緒になったりするの、想像しただけで嫌だって思ったわ」


と、ガツンと落とすトークへと繋げていくことが出来る。


この、伏線を張ってあとで回収するテクニックは、自分はかなり多用する。



さらに、その後付き合ったり、キープしたときにも嫉妬は使える。


スタンスとして、女性に伝えることとして、

「基本的に、俺は嫉妬はする」

と言っておくと良い。


会話の中で、

『私が他の男と飲みに行ったら、気になる?』

「あー、気にはなるよ」

『え、じゃあ行かない方がいい?』

「全然。そこは自由でしょ」

と、伝えておく。


ポイントは、「嫉妬はする」と言っておきながら、
「束縛的行動は一切しない」ということ。


嫉妬する、と言っておきながら、
気にする素振りも一切ないし、
気にする質問も100%しない。


行動制限も絶対にしないし、
帰りが遅くなろうが、何が起きようが、
一切問い正さない。


いわゆる、嫉妬する男がする行動を、
完膚なきまでに一切起こさない。


重要なことは、嫉妬自体を否定しないこと。

嫉妬は、すべての男性が持っている。
これは事実。


「俺は嫉妬しないよ!」


と口で言っておきながら、
しっかり束縛したり、帰りが遅かったらドギマギした
素振りをしてしまったりする男は、本当に本当に格好悪くうつる。


だから、嫉妬の心があることは認める。

しかし、行動では絶対にそういうことをしない。


これをすると、女性は
え、どういうこと、と、不思議がる。
気になる。
本当は私の事どうでもいいってこと?と思ったり、
でも、嫉妬はするって言ってたし、
ホントは嫉妬してるの?
でもそんな素振りはないし、、、


と、ドツボにハマっていく。



このテクニックも、キープ術として、なかなか使える。



最後に。
本当に嫉妬してしまった場合。


その時は他の女性を口説いていくしか無い
そのエネルギーを他に転換していくしか無い。


嫉妬を女性に見せることがNGだという結論が出ているから、
女性を問い詰めたり、どうにかするということは絶対にしてはいけない。


結構ハマってる女の子のことは本当に気になるし、
ハマりすぎてインスタ、ツイッター、フェイスブックとかを
眺めていたりすると、
他の男との絡みの写真を見つけた日には、
もう悶絶したりしてしまう。


でも、答えは出ている。
女性にそれをぶつけてはいけない。


他の子を口説きにナンパに出よう。
他のことをしたっていい。
部屋で自重トレーニングしたっていい。
ランニングに出てもいい。
ジムにいってハードな筋トレをするのもいい。


とにかく、それを女性にぶつけては
絶対にいけない。
ケロッとした態度でいなければいけない。


本当は悶絶してるし、
聞きたいことが山ほどあったとしても。


そして、ぶっちゃけ。
そうやって嫉妬に狂うのって、
案外悪くない。


むしろ良いこと。

それほど夢中になれる子に出会えたってことだから。



そういう子には、長い人生の中でも、
そうそう出会えないから。










◆PDF配布「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF」

◆チバのメールマガジン

メールマガジンにて
読者の皆様と情報共有し、
ともに切磋琢磨しております。

また、100通以上のバックナンバーを
共有しております。

ご質問が殺到しているため、
「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF(41P)」
を登録時に配布しており、知識を深めてもらっています。

【大戦争マガジン】
http://nanpawars-blog.net/mail/form/sm1b

※登録にはメールアドレスとニックネームが必要です

【バックナンバー&読者の皆様からのご感想】
http://nanpawars-blog.net/post-965

コメント

  1. だいすけ より:

    はじめまして(^^)いつも楽しく読んでます。

    ぼくは最近美人の子のパパ活率かひどいように感じます。チバさんはパパ活女子との遭遇率はいかがですか?
    最近はパパ活サイトで美人にあってお金無しでセックスまで持ち込めないかな?と考えてるのですがどう思いますか??

    • チバ より:

      >だいすけさん
      ネットやスマホの普及で可視化が進み目につくようになっただけで、昔からウリや援交をしている子は一定数の割合で存在しています。
      人から何かを奪おうとする子はあまり相手にしない方がいいです。人に何かを与えることが好きな性格の良い子も大勢います。ぜひその子達と良い時間を過ごすようにして下さい。

  2. だいすけ より:

    チバさん
    食事だけで1万円や2万円とか楽なのでいい子がみんなそちらに流れそうでいやですね。
    でも美人で性格のいい子も確実にいますもんね。がんばります!

    • チバ より:

      >だいすけさん
      なびかない子もいますので、そちらを狙っていきましょう