美女を求めて仙台まで 後編



~前編の続き~












「どうして?」









彼女に聞くおれの声は、恥ずかしいことに、

すこし動揺していた。







「どうして?」





二度目の問いかけに、

彼女が答えた。





『今度じゃ、だめかな・・?』





くっそ。なぜ彼女はそんなことを言う?

ここは仙台だ。今度なんて、無いじゃないか。







『今日は、もうダメ』







さっと、血の気が引くのがわかった。

状況は理解できる。

これは、グダだ。

そしてグダには、グダ崩しがある。

解放トークがある。

グダに合わせて、それを淡々と繰り出せば

いい話だ。





だが、同時に、どうすることもできない

鉄のグダというものが存在することも、

おれは知っていた。

経験上、一度も崩せたことのないグダ。

発せられる言葉は同じだが、全く

重みが違うグダ。

その存在を、おれは知っていた。







『チバくん、ずるいから。

女の子の扱い、分かってるから・・・』



『私、押しに弱いから・・・』









彼女は責任回避モードに入っている。

これを、おれに向ければいい。

おれのせいにしよう。

さて、なんて言おうか。

そう考えている時だった。







『今度、私、新宿の○○くんの家に泊まりに行く』

『ね、それでいい?』









彼女の言い分はこうだった。

今、結婚を前提とした彼氏が欲しいと思っている。

しかし、仙台の支店にいるために、出会う人は

仙台の人がほとんど。

本社勤務もいるが、結局、遠恋になる。



だから今は、あえて彼氏を作っていないという。

来年、おそらく本社に戻れるであろう4月に、

彼女は東京で婚活をしたいと思っている。





だから、今はできない。

ここから先は推測だが、

つまり、今してしまうと、10ヶ月ほど遠距離になる。



だから、今はセッ○スはできない。

その間に、おれに忘れ去られてしまうから。

彼女は、おれに一度セッ○スを許せば、おれが彼女を捨てると考えていた。

だから引き伸ばす作戦をとった。



なぜなら、おれのことが大切だから。

おれを、恋人の候補のひとりとして、真剣に考えていてくれているから。








おれは迷ってしまった。

今、一度きりの即を取るか。

来年、彼女と恋人になるか。







ここでギラつくか?
成功したら、即。

しかし、彼女はおれのことを嫌うだろう。
失敗したら?
全てを失う。
即もできず、恋人にもなれない。
彼女を、永遠に失う。







ここで、彼女に優しくする?

彼女の意図をしっかり汲み取る。

そして、彼女を家までちゃんと返す。

今後もしっかり連絡を取り合う。




彼女は美人だった。美女だった。

好みの顔をしていた。

ドストライクだ。



彼女は料理がうまく、性格が良かった。

気立ても良かった。皆から好かれる人気者だった。







彼女と恋人になりたい。

心から、おれは思った。















おれは、ギラつきを辞めた。











*****











カラオケ屋の前。

彼女のタクシーを捕まえるのを手伝った。





「また東京でね」





『うん』、と彼女は笑顔で答えた。







タクシーに乗り込む直前。

彼女を引き止め、手で顔をこちらに向かせた。

キスをする素振りをして、彼女が目を閉じたところで、指で唇を軽くつついた。

気づいた彼女が言った。









『もうっ。ずるいんだから』









彼女の照れた笑顔が記憶に残ってる。



でも今じゃ少し、憎たらしい笑顔。

なぜかって?

















それ以来、彼女とは、

一切連絡が取れなくなってしまったから。























~終~










◆PDF配布「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF」

◆チバのメールマガジン

メールマガジンにて
読者の皆様と情報共有し、
ともに切磋琢磨しております。

また、100通以上のバックナンバーを
共有しております。

ご質問が殺到しているため、
「チバの美女ナンパスキーム全フェーズ・全ステップ解説PDF(41P)」
を登録時に配布しており、知識を深めてもらっています。

【新宿ナンパ大戦争メールマガジン】
http://nanpawars-blog.net/mail/form/sm1b

登録はハンドルネームと
メールアドレスの記載で可能です。

【バックナンバー&読者の皆様からのご感想】
http://nanpawars-blog.net/post-965

コメント

  1. NONAME より:

    やっと更新しましたね!
    待ってました。

  2. NONAME より:

    横から失礼します。
    やはり、即をすべきだったのでは?
    約束なんてあってないようなものです。
    一度原点に戻られては如何でしょうか。

  3. チバ より:

    書くのに凄く時間がかかりました(笑) 待っていてくれてありがとうございます!

  4. チバ より:

    自分の甘さに反省しています。ただ、やり方を変える際の苦しみだという認識ですので、今までのやり方に戻す気はないです。

  5. ひよこ より:

    こんにちは。
    スト師さん方のTweet等から
    たどり着きました。
    結局近況どうなっているのか気になります。どうでしょうか?個人的にはやはりしておくことで、繋ぎ止めれる気がするのです。

  6. チバ より:

    >ひよこさん
    コメントありがとうございます。
    もう関係は切れてしまっています。
    ギラツキは死闘のように、勝てば生・負けたら死の世界です。ギラツキが失敗しても、また良好な関係が築けるという甘い考えゆえの失敗でした。
    ひよこさんの仰る通り、しておけば立場は逆転していたと感じています。

  7. ポル より:

    初めまして
    今更ながらですが、この記事を読んで昨日の自分と同じように見えてしまいまして、とても辛いです。
    あの場所で、逆にそのまましてしまえば、結果も変わったんでしょうかね。
    過去のことなので、今はもう変えられないですが、新しく前を向いて頑張っていきたいです。

  8. なお より:

    初めまして、朝からこのブログをみつけて、あさるように読んでます。
    なんだか胸がドキドキしました。
    これからも、更新楽しみにしてます。

    • チバ より:

      なおさん
      ありがとうございます。今後も更新を続けていきます。

  9. とまと より:

    初めまして。
    美女ナンパシリーズを見つけ、このブログを読み耽っています。メルマガも先日登録しました。
    この記事に共感するとともに、心が痛みました。僕自身モテないためか、精神的に繋がりが深くなった(と自分では思っている)女性と
    a)ここで関係が切れる可能性が予想されるが、セックスできる
    b)一旦引いて関係を深める
    が匂わされた時、今までほぼbを選んできました。
    このブログ記事を読み、今までのbを選んだ女性とは私自身の進学や上京のタイミングで関係が実質切れたことが思い起こされ、苦々しい気持ちでいっぱいになり、コメントを書きました。。
    またの更新、楽しみにしています。